HPEとNokia が Streamrと消費者のブロックチェーン トークン化データの収益化を可能に

Translate this article into English

シェアする

Nokiaとヒューレットパッカード エンタープライズ(以下HPE)は、ビジネスマガジンFortuneによると、消費者がインターネットに接続されたデバイスにより収集し、トークン化されたデータの管理と販売することを可能にするスイスのスタートアップ企業、Streamrと提携した。

ニューヨークで開催されたコンセンサス会議で発表された提携は、消費者に権利を与えるためにブロックチェーン技術を使用する新しい取り組みを示している。

Streamerは、昨年ICOで3,000万ドル以上を調達したDATAcoinという仮想通貨のデータをトークン化する。

プロトタイプ開発

HPEはすでに、自動車用データを会社のEdgelineサーバーで収集し、ブロックチェーンに格納することができるプロトタイプを開発した。 車の所有者は、そのデータを使用する人に自分のデータを販売することができる。

そのようなデータには、エネルギー会社が燃料需要を決定するのに役立つ燃料レベル、または天気予報の開発に使用されるワイパーのアクティビティーデータが含まれる。

Raphael Davison氏(HPEのブロックチェーン担当ディレクター)は、現時点では、ドライバーは非常に貴重な車のデータを捨てていると語っている。

地方自治体の管理者は、交通状況や居場所のデータを必要とする可能性がある。 自動車保険会社は、保険料を決定できるドライバーのリスクをデータで判断することを望むかもしれない。

HPEのプロトタイプはAudi Q2にインストールされているが、どの車でも使用できる(Davison氏によると)。 また、そのようなデータは、スマートシティにとっても役立つ可能性がある。

「ブロックチェーン3.0」

Davison氏はそのプロジェクトを「ブロックチェーン 3.0」と呼ぶ。ブロックチェーン2.0がこの技術を使ってビジネスを相互に結びつける場合、blockchain 3.0は仲介者を排除し、消費者のデータから利益を得ようとしているエンティティに直接リンクする。

ブロックチェーンは、データを所有している当事者にその所有者を譲渡させる、とDavison氏は述べている。 HPEは、患者に医療記録を管理する方法も検討している。

NokiaはStreamrと協力し、工業用のWi-Fiホットスポットからブロックチェーンにデータを転送している。 これらの移動式「基地局」は通常、灌漑(かんがい)を調整して気象パターンを予測するためにセンサーが設置されている農場のような低信号の場所で使用される。

Nokiaのラジオ システムの活動を監督するMartti Ylikoski氏は、農家はそのようなデータを売りたいかもしれないと語った。

Streamr のパートナーシップ

Streamrはまた、OSIsoftと呼ばれる企業と提携しており、業界の業務でデータを追跡するための分析機能を提供している。 同社によると、OSIsoftの顧客は、Streamr DATAトークンを相互に取引したいと考えている可能性がある。

StreamrのCEO、Henri Pihkala氏は、さまざまなデバイスが最終的にデータの共有と販売を活性化するためのスイッチを持つことができると述べた。

技術は存在する、と彼は言う。 難しいことは企業にそれを展開させることである。このレポートの時点では、DATAcoinは今年初めの30セントから減少した約12セントで取引されている。

Streamr DATAcoinとは?基本情報 Streamr DATAcoinはユーザー同士が有益な情報を売り買いできる、リアル...

HPE, Nokia Tap Streamr To Allow Consumers To Monetize Blockchain Tokenized Data