イーサリアム・クライアント・パリティーは暗号化されたスマートコントラクト機能をサポートへ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


イーサリアム・クライアント・パリティー(Ethereum client Parity)は、最新のソフトウェアアップデートで、オンチェーンのプライベートトランザクションのサポートを追加し、開発者に暗号化されたスマートコントラクトの作成と設置を行えるようになりました。

木曜日にリリースされたパリティー1.11.1-betaは、ソフトウェアクライアントにいくつかの新機能を導入し、パリティーのマルチシグ・スマートコントラクト・ライブラリのいくつかのバグが注目されています。このバグは結果的に、ユーザーが数億ドル相当の資金にでアクセスできないという事態を引き起こしました。

新しいリリースで最も目を引く機能は、開発者がスマートコントラクトを暗号化できるようにする、プライベートトランザクション向けのサポートです。

基礎となるコードは、プライベートコントラクト上に格納され、パーミッションが与えられ、このようにして公衆の目に触れられないようになっています。

プライベートコントラクトは、パブリックコントラクトに含まれ、許可されたユーザーがプライベートコントラクトのコードを公開することなく、オンチェーンで対話することができます。

リリースノートでは以下のように書かれています:

プライベートトランザクションは、利用者がコードや一連の許可された参加者の状態を保存したり、変更したり、表示したりすることを可能とさせる。

つまり、これはパブリックチェーン上のプライベートトランザクションでは、すべてのコントラクトやトランザクションは、誰でも閲覧可能な権限があるユーザーだけがアクセスできることになる。しかし、強力な暗号化のもと、他のユーザーと作業することも可能である。

パリティーの開発者マシージャ・ヒアーズ(Maciej Hirsz)氏がレディット(Reddit)に投稿した別の説明があります:

プライベートトランザクションは、基本的にプライベートコントラクトであり、契約の状態とコードの両方が暗号化されています。

トランザクションはまず、新しい状態が何であるかについて当事者全員が合意しなければならない検証者のナンバー(契約によって指定されている)にオフチェーンで送信され、その後、すべての検証者の署名で新しい暗号化を取得します。

鍵の共有は、特定の関係者が、私たちがSecret Storeと呼ぶものから重要な部分を安全に受け取ることが許される閾値暗号方式を使用して有効になるよう設定されています。

最初のリリースでは、この機能にはコントラクトごと、ブロックごとに1つのプライベートトランザクションしか実行できないなど、いくつかの制限があります。

さらに、現在のところ、プライベートトランザクションを検証する必要がある検証者の数を設定する方法はありません。そのため、すべての検証者は、現在の構造のもとで実行されなければなりません。

プライベートトランザクションに加えて、パリティー1.11.1-betaは、クライアントの「ワープシンク」機能を改善します。これにより、ユーザーはノードを最新のブロックチェーンに同期させることができ、従来の方法に比べて大幅に時間を節約できます。

新しいバージョンでは、ノードがトランザクションを並行して検証する機能を提供し、プロセスを大幅に最適化します。

Ethereum Client Parity Adds Support for Encrypted Smart Contracts