ノキアは、カスタマーにブロックチェーン上でマネタイズする機会を提供へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブロックチェーンのデータプラットフォームであるストリーマー(Streamr)は、フィンランドの通信大手ノキア(Nokia)およびカリフォルニアのソフトウェア会社、オーエスアイソフト(OSIsoft)と提携し、モバイルカスタマーがユーザーデータを収益化して購入できるようにします。

最高経営責任者(CEO)、ヘンリー・ピーカラ(Henri Pihkala)氏は、コインデスク(CoinDesk)のコンセンサス会議2018でパートナーシップを発表したほか、ユーザーがリアルタイムデータストリームを提供し、購読することができるリアルタイムデータ市場のライブを開始しました。

彼は声明のなかで、

「今日、コンセンサスで世界に私たちのプラットフォームを紹介するだけでなく、2つの恒例のパートナーシップを発表することで、ストリーマーの歴史において大きな一日を迎えた」

と述べました。

ノキアとのパートナーシップにより、ノキアのクハ基地局はストリーマーのデータ市場と統合され、ノキアの顧客はIoT(Internet of Things)のデバイスからユーザーデータと購入ストリームの両方を収益化することができます。

ノキアのラジオ・システム・エボリューションのリーダーであるマルティ・イリコスキ(Martti Ylikoski)氏は、「ストリーマーとのパートナーシップは、当社のプラットフォームへの自身を反映している」と述べています。

参加者は、イーサリアムのスマートコントラクトを通じてリアルタイムのデータストリームを購入し、販売しています。バイヤーと売り手は、DATAcoinと呼ばれるERC-20トークンを使用します。

オーエスアイソフトとの提携により、同社の企業顧客は業務データの収益を上げることができます。

ストリーマーエンジン(データアグリゲータと分析ツール)を使用して、アウディQ2からデータフィードを収集するという、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(Hewlett Packard Enterprise)とのパートナーシップも発表しました。

Nokia Is Letting Consumers Monetize Their Data with Blockchain