LedgerX:ビットコイン預金口座を開始

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

デリバティブ商品取引プラットフォームを提供するスタートアップ企業のLedgerXは、商品先物取引委員会(SEC)によって管理された最初のビットコイン預金口座を開始しました。

ニューヨーク市に本拠を置く同社が発表したこの新しい金融商品は、機関投資家が3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月の償還期間にわたって米ドルでの金利を得られ、年率最大16%を目標利回りとしています。

Forbes紙によると、本金融商品は基本的にオプション取引におけるコール・オーバーライト戦略(ビットコインは将来、権利行使価格までは上昇しないだろうという想定のもとに売りを仕掛ける戦略)を真似たものになっています。

投資家が長期間ビットコインを預ける分、より高い権利行使価格で売ることが出来ます。

LedgerXの共同設立者であり、最高業務責任者(COO)でもあるジュシカ・チョウ(Juthica Chou)氏は、多くの顧客が、既にはるかに複雑なプロセスを経てコール・オーバーライト戦略を実行していることに気づいた後、この金融商品を作ることに決めたと同紙に語りました。

同社はビットコインに否定的な立場の人々からの関心はほとんど見られないものの、この金融商品がすぐに取引量が増えることを期待してるようです。

ゴールドマン・サックスの証券部門の元デリバティブトレーダーであったチョウ氏は、「この金融商品は、ビットコインを預けるだけで利子落ちを得たいと思っている長期間のビットコインホルダー向けのものです」と述べています。

LedgerXは、ビットコイン・デリバティブ金融商品を提供する最初の米国の交換所であり、現在2つの異なるCFTC(米国先物商品取引委員会)ライセンスを保有しています。

取引量は、ビットコインを売りたがっている人たちが多い米国取引所のビットコイン先物取引市場のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とCBOE(シカゴ・オプション取引所)よりもはるかに低いですが、この取引量は過去四半期に月間3,000万ドル、ディーラー1人あたり平均6万ドルの取引をしている計算になります。

ビットコイン預金商品は、ニューヨーク市の「Blockchain Week」と合致するようにタイミングをあわせて発表された数多くの商品サービスの1つです。

CCNが報告したように 、野村ホールディングスは暗号化資産保管業者のLedger(LedgerXとの提携関係なし)と提携した一方、Coinbaseは機関投資家を対象とした多数の金融商品を発表しました。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Derivatives Exchange LedgerX Launches Regulated Bitcoin Savings Account