世界初のブロックチェーン・スマートフォン:HTC Exodusを販売

Translate this article into English

シェアする

スマートフォンの製造元であるHTCは、ブロックチェーン業界に大きな一歩を踏み出そうとしています。

台湾に本拠地を置くこの会社は火曜日に、「世界初のブロックチェーン・スマートフォン」と呼ばれる「HTC Exodus」を発表しました。

Android搭載のこのスマートフォンは、 CryptoKittiesのような分散型アプリケーション(DApps)を提供するためにカスタマイズされており、セキュリティ・アーキテクチャが搭載され、またデバイスに固有のユニバーサル暗号化ウォレットにアクセスできるようにもなります。

さらに、複数の仮想通貨プロトコルと互換性があり、相互運用性もサポートします。

このスマートフォンは、HTCのバーチャルリアリティヘッドセット:Viveの作成を手伝ったフィル・チェン(Phil Chen)氏のリーダーシップの下で開発される予定です。

彼は現在、「ブロックチェーン技術最高統括責任者」の肩書を持っており、企業の仮想通貨とブロックチェーン関連の取り組みのすべてに着手します。

チェン氏はブログ記事に、

「Exodusを通じ、Bitcoin、Lightning Networks、Ethereum、Dfinityなどの基盤プロトコルをサポートすることになるのは、非常にエキサイティングなことです。私たちは、ブロックチェーン業界をサポートしたいと考えています。

今後数ヶ月で、より多くの魅力的なパートナーシップを発表する予定であり、我々はエンドユーザーのために最良のブロックチェーン&分散アプリケーション体験を作りたい」

と書いています。

彼はさらに、Exodusがエンドユーザーに「真に自分のデータを所有する」能力を与えることを期待していると説明しました。

このことについて、彼は以下のように補足しています。

中央の権限を必要とせずにエンドユーザーが真にデータ(閲覧履歴、身元、資産、ウォレット、電子メール、メッセージなど)を所有できる世界を目指したい。私はこのHTC Exodusが新しい分散型世界に大きく貢献できると考えています。

HTCはまだExodusの値段を公表していませんが、仮想通貨での購入ができるように検討中のようです。

10月に「Finney」と呼ばれるブロックチェーンを搭載したスマートフォンをリリースしようとしている仮想通貨業界のスタートアップ企業であるSirin Labsは、そのFinneyに1,000ドル(約11万円)の値段をつけています。

HTC Exodus to Be ‘World’s First Native Blockchain Phone’