仮想通貨(コイン)の Rise(ライズ/RISE)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のRiseの価格・時価総額・出来高

通貨名Rise(ライズ)
通貨略号RISE
公開日2016年6月24日
システムDelegated Proof of Stake
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,
公式サイト

Rise(ライズ)のローソク足リアルタイムチャート

Rise(ライズ)とは?基本情報

Riseは、2016年6月に取引が始まった、比較的歴史の長い仮想通貨になります。

Riseは、開発者やビジネス企業、テック系スタートアップ、投資家、デバイスユーザーからなるエコシステムになります。

このエコシステムを中心とし、DPoS(Delegated proof of Stake)ブロックチェーンを基盤として、RiseはDApp(Decentralized application、分散型アプリケーション)、スマートコントラクト、サイドチェーン、Riseトークンを提供しています。

Riseは、どんなユーザーにとっても早くかつ安全なウォレットを提供しています。

WindowsやMac、Linux、モバイルデバイスなど、機種やOSに関係なく、どんな利用者でも利用でき、かつ利用者のニーズに最適化されたウォレットになっています。

Rise(ライズ)の特徴・仕組み

Riseは、テック系を中心としたスタートアップや投資家、実業家にとってのエコシステムとなるものです。

その特徴・仕組みは以下になります。

  • DPoS(Delegated Proof of Stake)
  • 開発プラットフォーム
  • 充実したエコシステム

DPoS(Delegated Proof of Stake)

Riseのコンセンサスアルゴリズム、DPoS(Delegated Proof of Stake)は、101の代表者によって維持されるRiseノードのネットワークであり、Riseコミュニティの投票によって選ばれます。この投票はウォレットを使って行われます。

それぞれのウォレットがもつ投票の重さは、ウォレットに含まれるRiseトークンの割合によって決まります。

代表者に選ばれた積極的なコミュニティユーザーは、ネットワークを保証し、ブロックチェーン上のトランザクションを承認するノードを走らせることによって報酬を獲得することができます。

開発プラットフォーム

Riseは、ソフトウェアの開発用キット(SDKs)を開発することによって、アクセシビリティやRiseの採用を最大化させようとしています。

このキットは、WindowsやiOS、Linuxや他のOSで機能するアプリケーションを、容易にRiseに統合できるようになっています。

また、このキットは複数の著名なプログラミングコードにも対応しており、JavascriptやPython、C#、Ruby、Javaなどを利用できます。

Riseでは、このキットを用いて、熟達した開発者だけでなく、誰でもDApp(Decentralized application、分散型アプリケーション)やスマートコントラクトを開発できるようにしたいと考えています。

そのため、ユーザーフレンドリーなグラフィカルインターフェイスやドラッグ&ドロップ機能などを備えています。

充実したエコシステム

Riseでは、コミュニティやプラットフォームが活発になるよう、エコシステムを充実させる様々な機能等を提供しています。以下がその機能などになります。

  • 多様な形式に対応するウォレット(Windows,Mac,LinuxなどのPCのOS,モバイル、ウェブなど)
  • 複数のプログラミングコードに対応したDApp(Decentralized Application、分散型アプリケーション)
  • スマートコントラクトの構築
  • ドラッグ&ドロップ型のアプリ開発ツール
  • インセンティブを生み出す投資プラットフォーム
  • ブロックチェーンインキュベーター
  • DPoS(Delegated Proof of Stake)によるマイニングや報酬システム

Rise(ライズ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年6月30日
  • 取引開始時価格:0.007393$
  • 直近価格   :0.809076%
  • 最高値    :1.63$(2017年12月28日) 取引開始時価格の約270倍以上!!!!
  • 最安値    :0.001894$(2017年3月1日) 取引開始時価格から約70%下落!!

Riseは、2016年6月に取引が始まりました。

取引開始当初、長らく低調なまま価格は推移し、時に最低価格を下回ることもありました。しかし、2017年6月ごろから価格が上向き始め、8月末には一気に上昇しました。

さらに12月には、仮想通貨業界全体の値上がりに合わせて、Riseの価格も大きく上がり、12月28日には取引開始時価格の約270倍以上となる最高価格を記録しました。

その後、価格を大きく戻しておりますが、現在も高値圏におり、今後さらに最高値をさらに更新していくことも考えられます。

Rise(ライズ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Riseの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,
※Riseを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Rise(ライズ)の将来性

Riseは、テック系を中心としたエコシステムで独自のコンセンサスアルゴリズムを導入しています。

非常に興味深い取り組みである一方で、今後の課題は認知度の獲得とコミュニティの活発化だと思うので、マーケテイング戦略に注目すると面白いと思います。

Rise(ライズ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

Linuxのデスクトップウォレットを開発中です。
また、今後モバイルアプリ用のプラットフォームを開発、ローンチしてく予定です。

Rise(ライズ/RISE)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる