FedExは、ロジスティクス業界の革新に向けブロックチェーンをテスト

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


フェデックス(FedEx)は、ブロックチェーンテクノロジーがロジスティクス業界に革命を起こすと確信しており、その流れに乗り遅れたくないと考えています。

ロジスティクスは、ブロックチェーンを使用して高コスト、ミッションクリティカルな貨物を追跡する方法を積極的にテストしています。ビジネス用途のブロックチェーンテクノロジーを研究している企業が増えている中で、フェデックスは、サプライチェーンのアプリケーションでサムスン(Samsung)などが加わるメンバーに加わります。

ブルームバーグによるCEOへのインタビューによると、

フレッドスミス(Fred Smith)最高経営責任者(CEO)は月曜日にニューヨークで行われたブロックチェーンカンファレンスで、「サプライチェーン、輸送、物流に大きな、大きな影響を与えると確信している。」と述べました。さらに 「世界規模でサプライチェーンを完全に変えるであろう、次のフロンティアである。」と言います。

その主な要因は、永続的で、不変な台帳という概念です。グローバル化が進んでいる世界で商品の出荷が世界中に広がると、台帳はすべての当事者が合意した単一の記録により大切な透明性を提供することができます。

これは、郵便料金から支払いやパッケージの受領に至るまでの多くの紛争による問題を緩和すると考えられています。新しいGDPR規制への適用に関するCCNの報告書のように、ブロックチェーン台帳のユニークな利用が増えています。

スミス氏によると、ブロックチェーンの技術テストは、フェデックス・コープ(FedEx Corp)がカスタマーサービスを改善し、破壊的な競争に先駆けて一歩先を進めるための取り組みの一部です。同社はトランスポート・アライアンス・ブロックチェーン(BiTA:Blockchain in Transport Alliance)と提携しています。

このアライアンスの使命は、

「BiTAは、経験豊かな技術・運輸部門の役員によって形成され、貨物業界のブロックチェーン基準と教育の発展のためのフォーラムを作成した。我々の目標は、ブロックチェーンテクノロジーの開発に関心がある貨物技術業界の有力企業を結集させること」です。

何千もの企業がメンバーシップを申請しています。

フェデックスのテストには、BiTAによる業界標準のアイロンが含まれています。BiTAは、デリバリープロセスの高速化と自動化に加えて、コストを削減できる点でブロックチェーンがビジネスに適していると考えています。

メンバーシップリストには現在、BNSF鉄道(BNSF Railway)、コッホロジスティクス(Koch Logistics)、ペンケ(Penske)などの長距離トラック業界も含まれています。

破壊的なテクノロジーが主要業界を揺るがすことで、スミス氏はイノベーションが成功を維持し続ける鍵になると考えています。最先端のテクノロジーを試して実装することなく、企業は「おそらく、ある時点で消滅するだろうと」とスミスCEOは述べています。

ブロックチェーンアプリケーションは世界のGDPの10%を占めると推定されているため、ロジスティクス企業はテクノロジーを早期に活用することが理にかなっているといえます。産業界の専門家やBiTAとともに、ブロックチェーンは海運業界を新しい時代に導くのに貢献しようとしています。

FedEx is Testing Blockchain Tech for Critical Cargo Shipments