キャセイパシフィック航空は、フライヤー向けのブロックチェーン報酬システムをローンチ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


香港のキャリア航空会社と航空会社大手、キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific)は、ブロックチェーンテクノロジーの適用を検討している航空会社運航会社のリストに加わります。

キャセイパシフィックグループは、最初のブロックチェーンテクノロジーの適用を開始する際に、顧客、航空会社のパートナーおよび航空会社がメンバーの報酬をリアルタイムで管理できる単一の分散台帳で顧客に航空マイルを発行します。

キャセイパシフィックのブロックチェーンは、テクノロジーパートナー、アクセンチュア(Accenture)によって開発された新しいモバイルアプリケーションとプラットフォームを最初に提供します。

マーケティングキャンペーンは、香港の「アジア・マイル」(キャセイパシフィック航空の特典プログラム)のメンバーが、獲得した日のうちにアカウントに加算された航空マイルを表示する香港での食事プロモーションと関連しています。

ブロックチェーンプラットフォームは、データの処理手順を自動化し、データセットを共有することで、航空会社と参加しているレストランパートナーとの間の透明な取引履歴を可能にします。

「このイニシアチブの良い点は、バックオフィスの管理を最小限に抑えることでビジネス効率を向上させることにある」と付け加えられています。

キャセイパシフィックグループとアジア・マイルは、ブロックチェーンテクノロジーを活用することにより、アカウント活動を管理する際に単一のデータソースをアジア・マイルのパートナーに提供しています。これにより、アジア・マイル、パートナーおよび会員は、ほぼリアルタイムで報酬を管理することができます。

キャセイパシフィック航空のブロックチェーンテクノロジーの導入は、シンガポール航空がブロックチェーンをベースにしたロイヤルティ・ウォレット・アプリケーションを今年初めに発表したことを受け、テクノロジパートナー、マイクロソフト(Microsoft)と提携して開発されたプライベートブロックチェーンであり、これは実証試験に成功しました。

航空会社のフライヤープログラムのメンバーは、参加したリテール企業に航空マイルを取引として利用しました。

同胞の東南アジア航空会社エア・アジア(Air Asia)は、報酬プログラムを「BigCoin」と呼ばれる新しい仮想通貨に移行すると発表しました。同社はまた、新しい金融サービス部門の開発に資金を提供するため、ICOを検討しています。

ドイツの航空会社、ルフトハンザ(Lufthansa)は、イーサリアムブロックチェーンを搭載したB2Bブロックチェーン市場を立ち上げる計画を明らかにした後、スイスのブロックチェーンのスタートアップ(ICOを通じて)に投資することを公表しています。

Cathay Pacific Launches Blockchain Rewards Program for Flyers