フロリダの税務当局は、税金支払いの手段にビットコインとビットコインキャッシュを採用へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


フロリダ州税務署は、ビットコイン(Bitcoin)の支払いプロセッサビットペイ(BitPay)と提携し、さまざまなサービスに向け、仮想通貨を受け入れることに決めました。

セミノール郡の税金回収担当者ジョエル・グリーンバーグ(Joel Greenberg)は、月曜日の声明で、運転免許証と身分証明書、自動車のタグとタイトル、および財産税に関連する支払いにおいて、彼のオフィスではビットコインとビットコインキャッシュ(bitcoin cash)を受け取ることを発表しました。

当オフィスは、料金回収を合理化し、詐欺や個人情報の盗難の可能性を減らし、支払いの透明性と正確性を高めるために、仮想通貨を受け入れることに決めました。

グリーンバーグの事務所は、仮想通貨を受け入れる際に「価格の変動性やリスクなどの群への影響」を認識していないと付け加えました。

グリーンバーグ氏はこの声明で、このように述べました。

「私の在職期間は、お客様の経験をより迅速かつ賢く効率的にすること、そして18世紀の政府サービスを21世紀型へと変化させることです。そしてその1つの方法が、支払い手段の選択肢として仮想通貨を追加する方法です。」

セミノール郡の税務回収局との協力は、ビットペイの初めての公共機関とのパートナーシップを象徴するものです。

コンプライアンス統括責任者のジェレミー・ビーウディー(Jeremie Beaudry)氏は、「当社はブロックチェーンが金融業界に革命を起こし、世界規模で支払いをより迅速に、より安全に、より安価にする可能性をブロックチェーンに感じたため」、この会社を立ち上げたと述べました。

「我々は、セミノール郡税務当局の当局者とともに、世界初の政府機関によるビットコインとビットコインキャッシュの受け入れが容易に進行し、シームレスに行うことができるよう、取り組んだ」

と付け加えました。

しかし、グリーンバーグ事務所は仮想通貨での税金の受け入れという考えを実行に移した唯一の地方自治体団体ではありません。

アリゾナ州とジョージア州の議員は、いずれも法案がどちらの法案でも成立しませんでしたが、市民がビットコインやその他の仮想通貨で国税納税義務を履行することを可能にする法案を今年提出しています。

Florida Tax Collector to Accept Bitcoin, Bitcoin Cash Payments