仮想通貨取引の渦中にある仮想通貨取引所OKExのCEOが、世界への拡張計画の中で退職

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


世界最大の仮想通貨取引所の1つの最高経営責任者(Cryptocurrency Exchange)は、その職を辞することに決めた。

OKExの責任者であるクリス・リー(Chris Lee)は、メインとなる世界への拡大計画を実行し、世界で最も日折句披露される仮想通貨のトレーディングプラットフォームになった時とまったく同じように、香港を拠点とする仮想通貨取引所の最高経営責任者を辞任しました。

OKExはコメントの要請に即座に反応しませんでしたが、同社はリー氏が「新しい人生を始める」という願いを含め、個人的な理由で去った旨をブルームバーグに語っています。

リー氏の広報担当者は、家族とより多くの時間を過ごすために彼は専門人材としての生活から去ることを決め、その後彼はブロックチェーンのコミュニティに戻ってくるだろうと語っています。

OKExを率いることは「最大の喜びと栄誉でした」とリー氏は発言しています。リー氏の写真や経歴は、同社のウェブサイトから削除されていますが、同社は誰をCEOに据えるかをまだ発表していません。

OKExは、OKCoinという名前で中国本土で開設されましたが、これは世界で最も人気の高い仮想通貨取引所の1つであり、ここ数週間で最大の仮想通貨プラットフォーム、バイナンスを上回っています。

CoinMarketCapによって集計された地震で発表したデータによると、過去24時間で、OKExは21億ドル相当の取引を処理し、Binanceは19億ドルの取引を促進しました。

香港にも大きな存在感を持っているBinanceのように、OKExは島嶼国のマルタへ大きな拡張を開始しました。マルタ島は、主要な仮想通貨企業にとって、低規制の避難所として位置づけられています。

OKExも最近、独自のユーティリティトークンをリリースしました。同社は本格的な分散型仮想通貨取引(DEX)を開始する取り組みの一環として、トークンのパブリックブロックチェーンを構築する計画を発表しています。

OKEx Chief Executive Resigns Amid Cryptocurrency Trading Boom, International Expansion