最初のBitcoinサイドチェーンのスマートコントラクトが10人に1人のマイナーを確保

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

最初のビットコイン サイドチェーンのスマートコントラクトはちょうど初期のマイルストーンに達した。

イーサリアムのスマートコントラクトを世界最大の仮想通貨に持ち込む方法として宣伝し、長年期待されている技術を構築したスタートアップであるRSKは、実験的アイデアを後押しするためコンピューティングパワーを捧げるビットコインユーザーの数について、(14日から開催されるCoinDeskコンセンサス2018会議で明らかにする予定)新しい詳細を発表している。

この1月に開始した、ビットコインに固定されているサイドチェーンは確かに限度があり、提唱者たちが長い間約束してきた「トラストレス(仲介不要)」の方法は固定されていない。

むしろ、ビットコインをサイドチェーンに移動させたい人は、「機関」グループの第三者の承認が必要である。

それでも、RSK Labsの共同設立者であるGabriel Kurman氏は、ビットコインの機能を拡張する手段としてのコンセプトのサポートを示しているため、マイナーのサポートはかなりインパクトがあると主張している。

彼はCoinDeskにこう語った:

「これはビットコイン全体の大規模な発表であり、この10%はマイニングプールの総電力の80%を占めている」

現在、サイドチェーンを確保しているネットワーク全体の中ではわずかな部分しかないが、今後約80%のマイナーがすでにサポートを行う約束をしている。

「ハッシュ・パワーのパーセンテージは、次の数ヶ月間で大幅に増加するように設定されている」とKurman氏は付け加えた。

結局のところ、サイドチェーンは、「マージマイニング」を意図しており、マイナーがハッシュ・パワーをサイドチェーンに提供することによって取引手数料を得るプロセスで、すべて同じ機器、電気、および電力を使用しながら、ビットコインをマイニングするために使用している。

「RSKは、新たな収益源を追加するため、マイニング エコシステムから大規模な支援を受けています」とKurman氏は言う。

RSKライトニング

それだけでなく、RSKはビットコインが現在できるより多くのトランザクションを処理できるようにサイドチェーンを開発した。

RSKサイドチェーンは、スマートコントラクト機能を備えたビットコインの別バージョンである「スマート ビットコイン」と呼ばれるものを使用し、スケーラビリティを向上させる。

「RSKでは、毎秒100トランザクションでスマート ビットコインを処理できる」とKurman氏はRSKが先駆けた「圧縮」技術を指摘し、ブロックチェーンに保存する必要のあるデータの総量を削減した。

Kurman氏は、この改良を施しても、この技術を大衆に提供するにはまだ十分ではないことに気づき、今日のブロックチェーンの多くが直面しているスケーラビリティの問題をサイドチェーンが扱っていることを認めている。しかし、チームはそれに向けて取り組んでいる。

RSKは、ライトニング ネットワークとライデン ネットワークと呼ばれる技術を開発してきたビットコインとイーサリアムの両方に取り組んでいる開発者からのインスピレーションを受け、同様の技術を構築している。

「Lumino」と呼ばれるこのプロジェクトは、RSKの独自のサイドチェーン技術と連携できるように、この2つのネットワークの「コンビネーション」としてKurmanが記述したものだ。

Kurman氏は、最後の仕上げまで長くかからないだろう、とCoinDeskに語っている。

「年末までに、1秒間に20,000件の取引を可能にするルミノ ネットワークを立ち上げることを願っている」

ファミリーの成長

RSKからの最後の発表は、現在2社が 「RSKファミリー」に加わったことであった。

第1は、ブエノスアイレスへの財政的介入を促進しようとするアルゼンチンのNGOである米州開発銀行(Inter-American Development Bank)である。

NGOは、過去2年間、RSKでの立ち上げに取り組んできたが、Kurmanはビジネスプランがネットワークをどのように使うか詳しく触れていなかった。

RSKの上にある第2の会社はBitGive Foundationである。BigGive Foundationは、ビットコインに焦点を当てた慈善団体だ。この団体は、2015年の激しい地震の影響を受けたネパールの市民にビットコインを寄付するため用いられた。

Kurman氏は、BitGiveのRSKサイドチェーン使用への関心を語って、「ドナーがスマート契約を使って透明性を持てるようにするプロジェクトだ」と語った。

同氏は、これらの新しいパートナーは、ますます多くの企業がビットコイン(そしてそれ以上)のメリットを見始めており、そのような技術を採用していることを示している、と言い添えた。

RSKは、今週ニューヨークで開催される、CoinDeskのConsensus 2018コンファレンスのブースでこの機能をすべてデモンストレーションする予定だ。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

First Bitcoin Smart Contracts Sidechain Now Secured By 1 in 10 Miners