クッキーモンスターはBitcoinを知っている?

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

昨年、Bitcoinなどの仮想通貨が市場の話題となった後、主要テレビ局は定期的に仮想通貨を話題にしてきました。

CBSのテレビドラマ:ビッグバンセオリーでは、昨年、彼らが初期の段階で採掘した大量のBitcoinを探すというエピソードを放映しました。

ちょうど先週、人気のHBOショーで、シリコンバレーの架空の会社:PiedPiperが、お金を稼ぐために彼らの仮想通貨(PiedPiperCoin)のICOを実施するというエピソードを放映しました 。 また、過去12ヶ月間に、Mr. Robotを含むいくつかの人気テレビ番組が仮想通貨を特集しました。

さて、本題のセサミストリートについてです。

この人気のある子供向けのプログラムでは、幼児に金融政策について教える時間がありませんでしたが、主流の金融出版社であるBusiness Insiderは最近のインタビューで、クッキーモンスター(Cookie Monster)にBitcoinについて質問を行いました。

ショッキングなことに、クッキーモンスターはBitcoinについてあまり知りませんでした。 しかし、彼は “Bitcookie(ビットクッキー)”のコンセプトに精通していると説明します。

“Bitcookieについては知っているよ。クッキーを持っているから、Bitcookieを行ったんだ。つまり、クッキーをかじったんだよ(注:Bitはbite(食べる)の過去形)。 “

クッキーモンスターは、その後、自己制御について話を進めています。これは、初期の仮想通貨業界における重要なテーマです。 彼は自分自身を規制できないと自白しています。

彼は、彼が食べるべきではないクッキーを見ると、彼は一歩後退して視線をそらすのだと説明します。 結局、食べてしまうのだけども。

“ああ、我慢できない。フルーツ、クッキー、フルーツ、クッキー。 ああ厳しいな。いや、だから我慢するための策があるんだ。ええと、時々深呼吸をし、気分を落ち着かせるんだ。

もしクッキーを見て、クッキーを食べたいと思っていたら、ちょっと一歩遠ざかって、気を散らして、視線をそらすんだ。 ほら、クッキーは見えないだろ?歌を歌ってもいいね。我慢したら、ご褒美にクッキーを食べてもいいんだよ。

クッキーモンスターは、新しい本「The Joy of Cookies(クッキーの喜び)」を宣伝したかったようです。

Here’s What Cookie Monster Thinks about Bitcoin