仮想通貨(コイン)の Achain(エーチェイン)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のAchainの価格・時価総額・出来高

通貨名Achain
通貨略号ACT
公開日2017年7月22日
システム
発行上限枚数10億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Allcoin
公式サイト

Achain()のローソク足リアルタイムチャート

Achainとは?基本情報

Achainは、2017年8月に取引が開始した比較的新しい仮想通貨で、略号はACTとなります。

Achainは、パブリックブロックチェーンプラットフォームであり、あらゆるレベルの様々な開発者がトークンやスマートコントラクトを発行したり、アプリケーションシステムやブロックチェーンを作ることができるプラットフォームです。

情報の取引や価値の転送を行うための世界規模でのブロックチェーンネットワークの構築を目指しています。

Achainのエコシステムは次の6つのSを基本としています。

  • SMART(利口な)
  • SIMPLE(シンプル)
  • SUSTAINABLE(持続可能)
  • SCALABLE(拡張可能)
  • STABLE(安定)
  • SAFE(安全)

Achainの特徴・仕組み

Achainは、3つの段階を追って、プラットフォームを構築していきます。

  • 第一段階: シンギュラリティー
  • 第二段階: ギャラクシー
  • 第三段階: コスモス

以下、それぞれ説明していきます。

第一段階: シンギュラリティー

第一段階のシンギュラリティーは、スマートコントラクトネットワークの構築です。これは、Achainのネットワークの安全性と安定性を強化するものです。

スマートコントラクト、デジタルアセット、サンドボックスシミュレーションは、モジュールデザインの方法論を通して、利用可能となります。

サンドボックスは、新しく構築されたスマートコントラクトの実行環境を自動的にテストし、モニタリングします。それによって、新しいコントラクトがAchainのネットワーク内で安定かつ安全に運用されることが保証されます。

第二段階: ギャラクシー

第二段階のギャラクシーは、ネットワークの分岐を構築することです。

保険や電子ドキュメント、仮想通貨、記録調査、クレジットレーティングなどの実世界で壮麗される様々なアプリケーションのニーズに適合するため、Achainは複数のサブチェーンに分割されます。

相互接続性、低コスト、カスタマイズされたブロックチェーンネットワークという3つの特徴・仕組みを持ったサブチェーンによって、より多くのことが実現されます。

第三段階: コスモス

第三段階のコスモスは、相互接続されたネットワークの構築です。

BaaS(Backend as a Service、アプリケーションのバックエンド部分を提供するサービス)やVEP(Value Exchange Protocol、価値のと取引のための規約)の概念やテクノロジーは、単にメインチェーンとサブチェーンを統一するだけでなく、非ブロックチェーンに存在する事実もこのブロックチェーンエコシステムに接続されます。

これは、この世界の相互接続性を、より確かに、そして包括的な次元へと後押しします。

Achainの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年8月27日
  • 取引開始時価格:0.23$
  • 直近価格   :0.33$
  • 最高値    :0.43$(2017年12月20日)  取引開始時価格の約2倍!
  • 最安値    :0.03$(2017年9月5日)   取引開始時価格から約85%下落

Achainは、2017年8月に取引が始まった比較的新しい仮想通貨になります。
取引の歴史は浅いですが、取引開始後の9月には価格が大きく下がり取引開始時価格から85%も下落し、最安値を記録しています。

その後は、徐々に価格を上げ始め、12月には最高値となる、取引開始時価格の約2倍、0.43$をつけました。

現在でも高値圏で推移しており、Bitcoinや他のアルトコインの動きによっては今後も大きな値動きが予想されます。

Achainの買い方・売り方・購入方法・取引所

Achainの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Allcoin
※Achainを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Achainの将来性

イーサリアムの登場により、ブロックチェーンが単なる通貨としての役目だけでなく、あらゆるものに適用できることがわかりました。

スマートコントラクトという名前で有名な、契約への利用以外にも、不動産や株式、債券などの金融資産の売買など、その用途は幅広く、現時点でも多くのブロックチェーンプロジェクトが行われ、開発されています。

2017年は、Bitcoin価格の大幅な上昇を筆頭にその「投機性」が大きな注目を集めましたが、2018年以降は多くのプロジェクトでサービスのローンチが相次ぐことから、ブロックチェーンの実世界での活用が注目を浴びていく可能性があります。

そういった中で、パブリックブロックチェーンプラットフォームを開発するAchainは、今後のブロックチェーンの実世界への活用を後押しし、またより利用されるプラットフォームになる可能性もあり、今後も目が離せない通貨だと思います。

Achainの最近のニュース・最新情報・今後の予定

Achainは一部で非常に高い評価を受けております。
以下がこれまでのAchainの実績になります。

  1. 1st Prize
    • 2016年、中国での革新的なブロックチェーンを競うコンテストで最優秀賞受賞
    • 2017年、中国でのブロックチェーン開発を競うコンテストで最優秀賞受賞
  2. 30 Assets
    • 8プロジェクトがリリース済み
    • 30以上のプロジェクトがローンチ予定
  3. 61秒
    • AchainのICOで61秒で3000BTCを調達
  4. 20,000会員
    • 20,000人のボランティアと会員を持つ強いコミュニティ

Achain(エーチェイン)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる