中国、ブロックチェーンのイノベーションを促進するための動きを加速

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国産業情報技術省(CCID)の北京情報産業省(China Industry Information Technology Development)は、最近の会議で、世界で初めてのグローバル・パブリック・チェーン・アセスメント・インデックスを発表した。

このプラットフォームは、学界、産業界および政府機関の有名な専門家によるグローバルブロックチェーンプロジェクトの詳細なレビューを提供するように設計されている。

これまで、CCIDは、産業、政策研究、ブロックチェーン技術を強化するために割り当てられたブロックチェーン研究所と中国ブロックチェーン業界連合を設立しました。組織はまた、中国政府にソフトウェアの調査・テストを提供している。

この会議ではCCIDの最新の公開チェーン識別に関する作業にブロックチェーンの専門家が紹介された。

協会のブロックチェーン研究所は、CCIDシンクタンク、中国ソフトウェアテストセンター、科学技術的にグローバルなパブリックチェーン技術を評価し、ブロックチェーンのイノベーションを推し進めるために構築された他の部門の協力を得て、そのデータの大部分を収集した。

将来的には、CCIDは、ビジネス、政府支店、技術開発者、研究機関へ専門的コンサルティングサービスを提供し、さらなるブロックチェーン採用の道を切り開いていきたいと考えている。

イベント中、代表者は公的チェーンオブジェクトを特定するために何が必要かについてこう述べた。

1.アプリケーションは、独自の独立したメインチェーンを所有していなければならない。

2.どのアプリケーションも、ネットワーク上の完全なノードを自由に作成して操作できる必要がある。

3.情報を簡単に追跡できる、公開されたブロックエクスプローラが必要だ。

4.オープンソースのコードで実行する必要がある。

5.その主なチームメンバーは、そのWebサイトを通じて容易に連絡が取れるようにすべきだ。

これらの規制により、組織はビットコイン(Bitcoin)イーサリアム(Ethereum)ライトコイン(Litecoin)ビットコイン・キャッシュ(Bitcoin Cash)カルダノ(Cardano)ネオ(NEO)などのいくつかの公開チェーンオブジェクトを識別することが可能だ。

CCIDのウェブサイトは公式の出版プラットフォームとしての役割を果たす一方で、最初のグローバルパブリックチェーンアセスメントは来週正式に発表される予定だ。

この会議は、CCIDシンクタンク社のソンタオ・プー(Dr. Songtao Pu)博士によって主催された。

その他のパネリストには、組織のソフトウェア研究所のチェン・リュー(Qian Liu)博士、中国ソフトウェアテストセンターのタオ・ルブ(Tao Lv)氏、CCID ブロックチェーン・リサーチ・研究所(Blockchain Research Institute)のアンレイ・ウェイ(Anlei Wei)氏が含まれていた。

中国産業情報局は、中国の産業部門および情報産業を管理する国家評議会管轄の政府機関として2008年に設立された。その主な任務は、中国の産業計画、基準および政策の決定、中国の通信分野での主要機器とイノベーションの発展の促進である。それによって情報システムを構築し、そしてこれらのシステムに必要な保護を導入する必要がある。

CCIDは省庁直轄で中国の情報産業を発展させ、進行中のデータプロジェクトに研究、評価、承認を供与することによって、政府とビジネスベンチャー間のギャップを埋めようとしている。

China Takes Another Step Forward in Promoting Blockchain Innovation