Nvidiaは、第1Qに仮想通貨から2億8900万ドルの売上をあげる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


世界最大のGPUメーカーであるNVIDIAは、第1四半期の決算報告を発表し、売上高は32億1,000万ドルとなり、これは28億8,000万ドルの当初予想を上回る結果となりました。

このレポートによると、同社は、そのうち仮想通貨のマイニングによって、総売上の9%に当たる2億8,900万ドルの売上をあげました。

Nvidiaは、仮想通貨による売上高が2億ドルだろうと予想していましたが、ほぼ50%増加する金額を記録しました。彼らの仮想通貨関連の売り上げは期待を上回っていますが、今後数ヶ月でそれが減少すると予想しています。

Antimer E3が今年後半にリリースされると、BitMainはGPUで最も人気の高い仮想通貨をマイニングし、Bitmainはチップ関連の市場シェアのかなりの部分を占めることが予想されます。

実際、Bitmainは昨年、クラウドコンピューティングとAIのコンポーネントを含め、Nvidiaよりも多くの収益を発表しています。Nvidiaは、年間30億ドルの営業利益を計上しましたが、BitmainはASICのマイニング部門を売却するのに40億ドル近くを費やしました。

NVIDIAは、Bitmainの収入を把握していないかもしれませんが、彼らはGPUのライバルのAMDよりも多くの仮想通貨ハードウェアを販売しています。

AMDは、第1四半期の売上高を16億5000万ドルと報告し、そのうち10%は仮想通貨関連の売上高であり、わずか1億5000万ドルとなりました。NVIDIAと同様に、AMDは今後数年間でマイニング収益が減少していくと予想しています。

NvidiaのCEO、ジェンセン・ファング(Jensen Huang)氏は次のように説明しています。

「[GPUカード]を購入したのはゲーム用ではあるが、ゲームで使われていない間、それらは、所有者が学校、職場、またはベッドで働いている傍ら、それをオンにすることで、マイニングさせておくことができる。これには何も問題がない。」

仮想通貨マイニング向けのGPUの需要がピークに達したとき、Nvidiaは売上をコントロールしようとしましたが、最終的にその試みは失敗しました。一部の市場では、小売業者はこれらのグラフィックカードを、その旺盛な需要に向けて実際の2倍の価格で販売しています。

しかし、最終的には仮想通貨に関する言葉が出てきているようで、BitmainのASIC Minerは最終的に供給制約を解除するかもしれません。

Nvidia Made $289 Million from Cryptocurrency Mining in Q1