テレフォニカ、安全なスマートフォンアプリ開発に向け、チームを組成

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


スペインの通信大手テレフォニカ(Telefonica)は、セキュリティテクノロジーの新興企業リベッツ(Rivetz)と提携し、ブロックチェーンベースの取引とメッセージングのためのスマートフォンセキュリティソリューションを開発したと発表しました。

パートナーは、テレフォニカのネットワークセキュリティサービスとリベッツのブロックチェーンと信頼できるコンピューティングテクノロジーを組み合わせて、セキュリティとデータコントロールのための分散型ソリューションを探索します。

この作業は、具体的には、安全なメッセージングと仮想通貨のためのアプリケーションを改善することを目的としています。

両社は、最終プロダクトが「複数の仮想通貨を保持するためのサイバーセキュリティ制御と保護を提供し、デジタル資産とプロセスがデバイスのハードウェア内で保護されていることを保証する」と述べました。

「信頼できるコンピューティング技術はそれ自体で終わるものではありません」とテレフォニカのサイバー・セキュリティ・チーム、イレブンパス(ElevenPaths)のディスカバリー&イノベーション・ラボ(Discovery and Innovation Lab)の責任者、セルジオ・デ・ロス・サントス(Sergio de los Santos)氏は述べています。

代わりに、彼らは「モバイルユーザーのセキュリティを改善し、サイバーセキュリティの観点から研究とイノベーションの枠組みを提供する機会である」と述べています。

また、この両企業は、既存のモバイルハードウェアセキュリティを活用して、ユーザー識別情報のバックアップとリカバリを自動化する新しい方法を検討する予定です。

リベッツのCEO、スティーブン・スプローグ(Steven Sprague)氏は、「Blockchainのアクセスとセキュリティで保護されたメッセージングは​​、デジタルサービスに関して、ユーザーエクスペリエンスを自動化するための核となる要素である。」と述べました。

リベッツとテレフォニカは、今年1月からリベッツの技術がベータ版であることを踏まえ、ブロックチェーンとIoT(Internet of Things)に関連するプロジェクトの増加を提唱しました。

パートナーは、リベッツの現在のアプリ開発者と技術の”強化された”バージョンを統合し、6月に選出される予定のパートナーにプロダクトを提供する予定です。

リベッツもテレフォニカもブロックチェーン空間では特に新参者というわけではありません。今週テレフォニカは、コルト・テクノロジー・サービス(Colt Technology Services)とPCCWグローバルが率いる電気通信業界のブロックチェーン決済試験に参加すると発表しました。

リベッツは、ビットコインウォレットのサイバーセキュリティ保護を初めて開発した2014年以来、この業界に携わり続けています。

Telefonica, Blockchain Startup Team Up to Secure Smartphone Apps