イギリスの規制市場でイーサリアムの先物をローンチ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


世界初のイーサリアムの規制先物市場は、英国の仮想通貨取引プラットフォーム、クリプト・ファシリティーズ(Crypto Facilities)ですぐに取引を開始する予定です。

金融行動監視機構(Financial Conduct Authority: FCA)によって規制されている、ロンドンに本拠地を置く同社は、イーサリアム先物契約を上場すると発表しました。

これは、機関投資家に原資産の取引に関連する規制状のリスクや保管上のリスクないでショートやロングで売り買いできるようできるようにします。このコントラクトは英国時間午後4時に取引を開始する。

クリプト・ファシリティーズのチーフ・エグゼクティブ、ティモ・シュクラェファー(Timo Schlaefer)氏は、規制された先物の存在が、すでに時価総額で世界第2位の仮想通貨であるイーサリアムに、より高い流動性をもたらすだろうと考えていると述べました。

さらに彼は言いました:

「イーサリアムは、ビットコインの次に毎日何十億ドルもの取引がされる、世界で2番目に流動性の高い仮想通貨であり、我々はイーサリアムの先物を開始することにワクワクしている。

イーサリアムネットワークは、スマートコントラクトのための優れたブロックチェーンであり、我々はこの新しい取引手段がより多くの投資家を引き付け、市場に大きな流動性をもたらすと信じている。」

シカゴに本拠を置く企業アクーナ・キャピタル(Akuna Capital)社とロンドンに本拠を持つB2C2は、イーサリアム先物商品に向けに流動性を提供する予定です。

アクーナのデジタル資産部門の責任者トビー・アレン(Toby Allen)氏は、

「この非常にニーズの高いプロダクトが市場のギャップを埋めるのを楽しみにしている。

先物商品を追加することで、仮想通貨トレーダーはイーサリアムでロングポジションとショートポジションの両方を取ることができ、仮想通貨の資産クラスの開発におけるもう一つの大きな飛躍になる。」

と述べました。

クリプト・ファシリティーズは、ビットコインとRippleのXRPトークンの先物取引を既に提供しており、その取引データはCMEグループのBitcoin Reference Rate(BRR)に含まれており、シカゴを拠点とする取引所のビットコイン先物商品の価格を計算するために使用されます。

先週、連邦準備制度理事会(FRB)の研究者らは、CMEでのビットコイン先物の開始は、原資産のショートポジションを簡単に取り上げる機会を提供しているため、広範な仮想通貨市場の衰退を引き起こしたと主張するレポートを発表しました。

しかし、ほとんどのアナリストは、これらの金融商品の存在は、長期的には資産クラスにとって必要なものであると考えています。

Ethereum Futures Launch on Regulated UK Trading Platform