ブロックチェーン専門の法律事務所の開設

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブロックチェーン技術は法律業界を揺るがしています。

著名な弁護士、アンジェラ・ウィルソン(Angela Angelovska-Wilson)氏とルイス・コーエン(Lewis Cohen)氏は、ブロックチェーン業界に焦点を当てた弁護士業を始めたことを明らかにしました。

今月、彼らが代表をつとめるDLx Law LLP社は、ニューヨークとワシントンDCにオフィスを開設しました。ウィルソン氏は、ブロックチェーン技術のスタートアップ企業であるDigital Assetの弁護士およびコンプライアンス部チーフを勤めた経歴をもち、コーヘン氏は金融・証券に熟練した弁護士です。

DLx社では、仮想通貨業界のクライアントを持ついくつかの他の法律事務所のように、ビットコインまたはイーサリアムでの支払いが可能です。というのも、時を経て古くなった弁護士業を再考し、法務サービスの支払い方法としてスマートコントラクトや他の非正統な方法を試してみたいと思ったからです。

同社はクライアントとして、スタートアップ、仮想通貨取引所、トークン発行者を見込んでおり、ブロックチェーン技術専門の弁護士業を行うことで、高い精度でクライアントが持つリスクを評価するのに役立つだろうと彼らは言います。

「クライアントにこのようなサービスを提供することは、本来は非常に大規模な法律事務所が行いたいことです。ブロックチェーン業界は目まぐるしく変化しています」

とコーエン氏は述べています。

まさしく、時価総額2位と3位のイーサリアムとリップルが米国の法律の下で有価証券化されるか話題に上がるなど劇的な変化が起きようとしています。

この推測は、米商品先物取引委員会(CFTC)会長のゲイリー・ガンズラー (Gary Gensler)氏の発言によって一部支持され、また、シリコンバレーのベンチャーキャピタルは規制当局に対し、Etheriumにセーフ・ハーバー・ルールを適用するようにロビー活動を行っています

一方、最近、ホーガン・ロヴェルズ法律事務所のパートナーであったコーエン氏は、「いくつかの議論がありますが、DAO事件後に行われたハードフォークなど、Etheriumを現時点では証券と見なすべきではないとする様々な法的理由があります」と説明しました。

「今日、誰もが取引しているEtheriumは、もともとクラウドファンディングで開発されたものではなく、そこからハードフォークしたものです。

ブロックチェーン業界における弁護士の不足

コーエン氏(彼女は最初に2012年にBitcoinで取引したfintechのスタートアップの1人)の世界的な資本市場をナビゲートしてきた経験は、ウィルソン氏の技術的側面を補完しています。

DLx社は、貿易・金融サービス会社のCMT Digital社のCEO、Ethereumを中心としたスタートアップのConsenSys社の顧問弁護士を含む、40人以上のクライアントから既に依頼を受けているため、夏季までに最大5人の弁護士を雇う予定です。

クライアントの1人は、不透明な規制環境と他の利益との矛盾する利害が混ざり合っている業界環境のため、「過去6ヶ月間、弁護士が必要とする支援を企業から得られなかったため、私はルイスがブロックチェーンに専念しているこの会社を開いていることに非常に興奮している」と述べました。

同時に、同社はより大きな法律事務所と協業する予定であり、コーエン氏は、いつかブロックチェーン開発者を事務所のスタッフとして採用したいとし、ウィルソン氏は以下のように語りました。

「ブロックチェーン時代の法務サービスは従来と異なるものになると感じており、来たるべく新しい弁護士業のリーダーになりたい。」

スマートコントラクトに焦点を当てる

彼らは、定期的な法的契約、株式の交換、不動産所有権の移転などの契約を自動的に実行できるEthereumベースのプラットフォームであるOpenLawプロジェクトに特に興味を持っており、以下のように述べています。

「法務サービスは、ブロックチェーンベースのソリューションにより、様々な形で効率的に提供される可能性があり、当社の重要な開発部分となります。」

もちろん、そうした非従来型の契約は、特に中国の有望顧客がすでにDLx社に手を差し伸べていることから、管轄区域を越えて作られたときには独特の課題に直面する可能性があります。

ウィルソン氏は長期的な願望として、需要と供給とプロジェクト固有の要件に基づいて、法務サービスの柔軟な価格設定を試すためにスマートコントラクトを使用することも望んでいると語りました。

しかし、コーエン氏によれば、米国の一部の州では、事前に法的サービスを定められた価格で支払うことを禁じているため、DLxはこうした問題に対する解決策を模索しています。

ウィルソン氏は、ブロックチェーン業界の統一見解として、次のように述べました。

「支払い請求可能な時間が長いほど、弁護士がこれらのプロジェクトに関して貢献できる価値は増えます。

事前支払いを禁じることは、ビジネスプロセスの一部である弁護士の活動を妨げ、ひいては新製品、サービス、アイデアなどの開発を妨げることにもなります。」

 

White Shoe to Wild West: Lawyers to Launch Blockchain-Only Law Firm