リップル:XRPは支払い手数料を最大70%節約

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


分散型台帳のスタートアップ企業Rippleは、xRapidパイロットプログラムの結果を木曜日に公開しました。

この報告書は、同社の仮想通貨XRPを中心としたサービスに重点を置いており、パイロットプログラムの参加者が、全体の取引時間と合わせて、手数料についても大幅に節約できたことを記載しています。

同社は、この数カ月の間に、XRPを利用しないxCurrentと同様に、xRapidに参加する企業との数多くのパートナーシップを発表しています。

製品責任者アシーシャ・ビルラ(Asheesh Birla)氏は、CoinDeskに対し、同社は7つのパイロットプロジェクトを見て、その結果は全面的にほぼ同じであると判断している、と述べています。

その結果、スタートアップは木曜日に発表された40-70%の節約に集約されるとのことです。同氏はまた、国境を越えた取引は、その種の伝統的な支払いの場合、数日間にかかるの対し、数分しかかからないことに言及しました。

xRapidを操縦しているプラ​​ットフォームその速さを認識している、と彼は述べています。「それらは、今の旧来型のファイナンシャル・システムの仕組みを考えれば、ほんの数秒で起こっているようなものだ。」

ある金融機関から別の金融機関への取引には数分かかったが、実際にXRP元帳に関わる部分は数秒しかかからなかったと言います。費やされた時間の大部分は、法定通貨をXRPに変換し、地場の取引所に戻すことによって行われます。

「ローカル・レールで処理し、送るには数分かかる。」とも述べています。

現在、Rippleは、パイロットプログラムから本格的なプロダクトローンチに移行することに重点を置く予定ですが、まだこれらの計画については確固たるスケジュールはありません。

Birla氏は次のように説明しています。「私たちはパイロットを継続して実行し、最終的なタッチを製品に取り入れています。

「金融商品や決済では、シリコンバレーの動きは速くなく、崩壊することはないだろう。われわれは、コンプライアンスの観点から、セキュリティ上の立場から確立して行っていることを一つずつ確認してかなければならない。」

リップル・XRP・Rippleはマイニングの仕方に特徴のある通貨です。リップルコインを手にするには採掘をするのではなく、「World Community Grid」というガンなどの研究開発に貢献することでXRPがもらえる仕組みです。

Ripple: XRP Pilot Cuts Payment Fees Up to 70%