ラッパー、ミムズがアーティスト向けの「Tune」トークンを促進

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


賞を受賞したラッパーのミムズ(Mims)は、ブロックチェーン会社を立ち上げる最新のミュージシャンとなりました。

このアーティストは、レコードグラム(RecordGram)というプロジェクトを共同創設しており、このプロジェクトはアーティストとプロデューサーが音楽を創造するのをサポートし、ロイヤリティーの支払いを促進するためにブロックチェーンを使用することを目的としています。

「tune」と呼ばれるトークンを使用し、ブロックチェーンシステムでアーティストのデジタル権利を記録し、ロイヤリティを自動的にトレースします。

ミムズ氏は、今月、Crypto Influencer Summitでこのプロジェクトについて話をし、イベントで演説することを明かしました。

ニューヨークのBlockchain Weekの一部であり、5月17日に開催されるサミットは、ブロックチェーンベースのソーシャルメディアプラットフォームのスタートアップであるCryptoinfluence.ioとBOOSTOによって共同開催されます。

他の著名な講演者には、ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token)の創始者であるブレンダン・アイヒ(Brendan Eich)がおり、自身のプロジェクトについて話す予定です。

レコードグラムは、プロデューサーとアーティストの両方がサインアップできるモバイルアプリケーションを通じて動作します。さまざまな機能により、メンバーはノートやオーディオクリップを作成して保存したり、さまざまなミュージシャンが共有する音源などを聴くことができます。

レコードグラムのライセンスを取得したtuneトークンは、「音楽業界のデジタルソングライターの権利とロイヤルティの透明性の問題を解決する」ために作られたとのことです。

そのため、プラットフォームを使用するアーティストによって作成されたコンテンツをブロックチェーンに保存します。ユーザーはトークンをレコードグラムクレジットに変換し、クリップを購入するか、アーティストにチップを与えることができます。

Rapper Mims to Promote ‘Tune’ Token for Artists