ファンドストラットの分析:ビットコイン価格は2019年64,000$に達するだろう

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


仮想通貨のマイニングの経済性を新たに分析したものによると、ビットコインの価格は2019年末までに64,000ドルに達する可能性があるとのことです。

ウォールストリートの戦略企業、ファンド・ストラット・グローバル・アドバイザーズ(Fundstrat Global Advisors)が実施したこの調査では、ビットコインの価格とマイニング企業の損益分岐点コスト(P/BE)の比が、先陣を切るこの仮想通貨において「信頼できる長期的なサポートレベル」にあることが証明されたとのことです。

現在および将来のマイニング・インフラストラクチャーの開発は、「2019年末にビットコイン価格の上昇をサポートする」と述べています。

ファンド・ストラットのクオンタムストラテジスト、サム・ドクター(Sam Doctor)は、「マイニングの経済性は今後数年間で成長していくと予想しており、過去平均の1.8倍の損益分岐点コスト(P/BE)倍数に基づいて、2019年末までに36,000ドルのBTC価格上昇を予測している」と述べました。

CRYPTO:数量/データ科学者@fundstratQuantは#bitcoinマイニングホワイトペーパーを発行している。

仮想通貨マイニングの経済性は、$BTCの価格を説明/導き、2019年末までに1ビットコイン当たり39,000ドルを提案する。

ドクター氏は、この分析によれば、36,000ドルがビットコインの価格の最も高いターゲットとなりますが、今後18ヶ月間の状況の変化に応じて、20,000〜64,000ドルの範囲内のどこかで終了する可能性があると付け加えました。

この範囲の下限でさえも、現在のビットコイン価格から113%増加した価格になりますが、より楽観的な指標だと583%の急増になります。執筆の時点で、BitcoinはBitfinexで9,375ドルで取引されていました。

CCNがリポートしたように、マイニング企業は、昨年の強気相場が長期化した後、操業を急速に拡大しています。Bitmainは、世界有数のマイニングハードウェアメーカーであり、2017年に40億ドルの営業利益を計上したと言われており、最大の競争相手であるCanaanはIPO(株式公開)を準備し、10億ドルと評価されています。

ファンドストラットは、ビットコインについて長い間強気の姿勢を続けてきました。創業者のトム・リー(Tom Lee)氏は、若い投資家の間では、ゴールドを最も人気のある「価値の保存」に置き換えようと主張する者もおり、エコシステムが持続的、長期的成長を経験することを示唆する数多くの分析を発表しています。

同社は2018年の年末目標を25,000ドルに設定しており、2020年初頭までにビットコインが91,000ドルまで上昇する可能性があると以前発言していました。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Price Could Reach $64,000 in 2019: Fundstrat Analysis