コダックコインは今月後半に資金調達を開始

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

コダックコイン(KodakCoin)の未来トークン(SAFTs)のための簡易契約(映像企業のKodakという名を冠したデジタル権利トークン)の販売が今月下旬に開始される予定になっている。

ビッグデータとAI対応画像認識プラットフォームであるWENN Digitalは、公認投資家に限定されたこの販売は5月21日から開始され、5,000万ドルを調達することを目指すと発表した。

Kodakは、独自の暗号通貨を内蔵したデジタル著作権管理プラットフォームを使用して、同社にブランドをライセンスした。

コダックコインとその販売予定は1月に初めて明らかにされたが、元々は数週間の期間と言われていた1月31日の販売開始予定日は遅延した。

WENNによると、SAFTは1ドルで売られているという。 3月に発表された論文では、トークンではなくSAFTを直接販売する意向が明らかになった。

以前のコインデスク(CoinDesk)の機能で説明したように、SAFTは、従来のベンチャーキャピタルの株式変更の方法と同様に、開発投資の手段として公認投資家に売却されるように設計された投資契約である。 SAFTの販売では、トークンの提供、販売、交換は行われない。代わりに、将来の製品へのアクセスを約束する紙の書類の代金が取引される。

WENNは、この販売はコイントピア(Cointopia)というプラットフォームを介して行われ、ピックウィック・キャピタル・パートナーズ(Pickwick Capital Partners)とエグゼンプラー・キャピタル(Exemplar Capital)によって管理されると述べた。

「SECの登録要件の免除を完全に遵守するように構成された方法で、SAFTと基盤となるコダックコインの権利を提供することができる」と、WENNのジャン・デネク(Jan Denecke) CEOは述べ、また次のように続けた。

この提供による私たちの目標は最高のセキュリティと透明性であり、業界のベストプラクティスを遵守し、暗号通貨分野での信頼性を喚起する方法でデジタルトークンを投資家にもたらすよう努力している。

コダックコインの新規仮想通貨公開を主催した暗号化取引所が、コダックコインの代理人は「不正」と主張した翌日にこの販売計画が報じられた。

KODAKCoin Fundraising to Begin Later This Month