中国公式発表:2019年までに国内のブロックチェーン基準を確立

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国政府は、同国におけるブロックチェーン技術の国家基準の策定作業を開始したと伝えられている。

中国の報道機関である新華(Xinxua)の経済情報局(Economic Information Daily)とのインタビューで、中国産業情報省(Ministry of Industry and Information Technology)管轄下の電子業界標準化研究所(Electronic Industry Standards Research Institute)の関係者は、当局がブロックチェーン技術の国家基準の確立に向けて動いていることを認めた。

この標準は、様々な分散設計を含む複数の分野におけるブロックチェーン技術の実装のために開発される予定であることが伝えられている。

IT省標準研究所のブロックチェーン調査局(Blockchain Research Office)ディレクターである李明(Li Ming)氏は、ブロックチェーン標準の広範な国家計画も進行中であることを明らかにした。これらに関連した多数の政府部門が全国の「ブロックチェーンおよび分散化会計技術標準化委員会」を開催した。

李明氏によると、2019年の終わりまでに発生すると予想されるこれらの標準の全面的な公開には、基本標準、ビジネスおよびアプリケーション標準、プロセスと方法の標準、信頼できる相互運用可能な標準と情報セキュリティ基準が含まれる。

当局者はまた、ブロックチェーン技術におけるセキュリティの重要性を強調し、標準を開発する上で重要な側面であると主張した。さらに、国家ブロックチェーン基準の策定は、ブロックチェーン開発の進展を急がせるよりも、 業界を手動する政府の努力が第一であると強調した。

李明氏の発言は、国家のブロックチェーン基準を「できるだけ早く」導入することの重要性を強調した中国のIT省庁の以前の報告を踏まえている。中国は、国際標準化機構(ISO)の下で、オーストラリア主導の参加メンバー30カ国と並んで、技術委員会(TC)307の一部である。

中国のIT省庁は、スマート・コントラクトを含むコアブロックチェーンの側面をカバーする7つの基準を含むグループ化されたISOの動向の中での「積極的進歩」を指摘しているが、国内では完全なブロックチェーン標準システムを開発することの重要性を強調した。

China to Establish National Blockchain Standards by 2019: Govt. Official