世界的な仮想通貨取引に向けて、日本のビットフライヤーが優秀な金融経験者を抜擢

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

世界的な仮想通貨取引に向けて、日本のビットフライヤーが優秀な金融経験者を抜擢

日本の主要取引所ビットフライヤーの代表取締役で、かつては金融業に従事していた加納裕三氏が、世界的な仮想通貨企業を設立しようとしている。

ビットフライヤーを日本最大のビットコイン取引所にした、この元ゴールドマンサックスグループの一員は、事業の世界的な拡大に向けて過去半年でスタッフを倍増してきた。

今年300人に達すると思われるチームには、ブルームバーグによると、バークレイズの債権チーフやクレディ・スイス証券株式会社のシニア・プライベートバンカーが含まれている。

日本の規制撤廃で選択肢が拡大

現在、取引所は当局の許可制となっているが、加納氏は日本の仮想通貨業界の規制撤廃を利用して信頼を高めてきた。世界的な業務を進める上で、日本は最適の場所だと彼は考えている。

転換社債とデリバティブの元トレーダーである加納氏は、世界一の取引所になるためにはスタッフを拡充し、世界的な金融機関でのスキルが常に必要だと述べている。

ビットフライヤーはすでにBitMex(ビットメックス)、Binance(バイナンス)、そしてOKEx(オーケーイーエックス)に次ぐ第4のの取引所であることを、ブルームバーグのコインヒルズとコインマーケットキャップが伝えている。

ビットコインの購入規則が日本のデイトレーダーに好評を博したことで、4月下旬から5月上旬までの一日あたりの取引額は平均20億ドル。利用者は昨年3倍になり、200万人に達した。

全世界にオフィス設立を計画

東京、サンフランシスコ、ルクセンブルクのオフィスに加え、加納氏はオーストラリア、南アメリカ、アフリカ、そしてアジアにも設立を計画している。

さらにICO関連の事業立ち上げのため、デジタル決済と諮問仲介業務を手掛けることも検討中だ。彼の戦略は最近ニューヨークに仮想通貨マーチャントバンクを設立した、元ゴールドマンサックス同僚のマイク・ノボグラッツのそれと似ている。

元トレーダーや金融業者は規制市場での業務を把握しているため、仮想通貨の分野でも役に立つというのは、多くの人々が加納氏と同じ意見である。

これは政府が仮想通貨について学ぶほど、重要なものになっている。先月、日経新聞が発表したところによれば、ビットフライヤーはAML(アンチマネーロンダリング)の規則を強化し、利用者は顧客確認を完全に行わなければ、一部の機能しか使えないようになった。

仮想通貨業者には、営業開発、口座管理、運営、販売、コンプライアンスといった金融業の能力が必要であると、人材紹介会社ディバイン・ソリューションズ・ジャパン代表のラージン・アシュラフも述べている。

高給のオファー

才能を求めて、加納氏は破格の条件で社員を迎え入れる。

ビットフライヤーのプログラマーは高卒であっても、プログラミングトーナメントやハッカーソンで優秀な成績を収めていれば、年収10万ドルも可能だ。

会社には年収20万ドル以上の人材が「ゴロゴロ」いると加納氏は言い、ビットフライヤーでトップの財務担当には、官僚主義に疲弊した40代の元銀行員や、金融業に幻滅し、新しい分野に足を踏み入れたいと考えた若い人々が含まれているという。

すべての正社員はビットフライヤーが予定しているIPOを待たずに、ストックオプションを現金化してもよいことになっている。

加納氏の採用活動は、さらに多くのウォール街の企業が仮想通貨業界に参入していることを考えれば、実に理に適っているものだ。

金融業界の巨人が仮想通貨業に参入

ニューヨーク証券取引所を保有するインターナショナル・エクスチェンジが、プラットフォームを構築して投資家に仮想通貨取引を可能にし、日本のSBIホールディングスとマネックスグループも仮想通貨に資金を投入している一方で、ゴールドマンサックスがビットコイン取引の開始を検討している。

しかしながら、すべてがプラスを向いているわけではない

全世界における仮想通貨取引所の一日当たりの出来高は、12月の10億ドルから4月には9.1億ドルにまで減少した。クリプトコンペアによると、主要なトークンは最高値から50%以上も下落した。その上、グーグル検索の「仮想通貨」や「ビットコイン」は昨年後半から70%以上も落ち込んでしまった。

とはいえ、ビットコインは過去2年間で1800%以上も値上がりし、規制が強まる中でもICOは拡大し続けている。2005年から2007年にかけての盛況が世界的な金融危機で消えた後、ウォール街の人々は仮想通貨業界の活気を無視するわけにはいかないだろう。

バークレイズの35歳の元トレーダー村山大介は、2月に給与を減らしてまでビットフライヤーに参加したが、伝統的な金融業に未来はないと語っている。

Japan’s BitFlyer Raids Banking Talent in Bid For Global Crypto Exchange