仮想通貨(コイン)の VeChain(ヴェチェイン/VEN)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!

【1位】Coincheck(コインチェック)【出川哲朗のCMで知名度高騰中!】

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)【元祖ビットコイン取引所。安心感No.1】

【3位】Bit Trade(ビットトレード)

【取引量世界1位!】「Binance(バイナンス)アルトコイン取扱数100銘柄以上!日本語対応もしていて簡単♪

公式Twitterでは最新のチャート情報を配信中!

最新のVeChainの価格・時価総額・出来高

通貨名VeChain
通貨略号VEN
公開日2017年8月15日
システム
発行上限枚数8億6700万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Binance(バイナンス)

,Liqui,Kucoin,Hitbtc,Gate,Coss,Ether delta
公式サイト

VeChain()のローソク足リアルタイムチャート

VeChainとは?基本情報

VeChain(通貨単位:VEN)はブロックチェーンの情報を改ざんすることができないという技術をつかって、真贋判定を行うプラットフォームです。中国にあるBitSEという会社が運営しています。同社のCOO陸揚氏は中国Louis Vuittonの元CIOです。

真贋判定とは、本物と偽物を判定することです。特に中国や東南アジアでは模倣品についてこれまでも多く悩まされており、強い問題意識をもっています。今でも世界的に有名な高級ブランドを模倣した商品が後を絶ちません。

そのような背景において、本物か偽物かを瞬時に判断・管理できるサービスを提供しているのが、VeChainです。

VeChainの特徴


VeChaihは、真贋判定を行うブロックチェーンですが、その性質から様々な業種での導入が見込まれています。
ここでは、その特徴に加え、各業界での導入例を紹介します。

特徴

  • チーム
  • 様々な業界での利用
  • グローバル展開

チーム

VeChainは、世界で最初期のブロックチェーンカンパニーの1つであり、専門性の高い人材を要する一流のブロックチェーンチームです。

様々な業界での利用

ブロックチェーンの導入実験は、ラグジュアリーブランドやアルコール業界、農業など様々な業界で成功しています。

グローバル展開

フランスやシンガポール、香港など、世界中に拠点をおいており、世界規模でのブロックチェーンの導入をサポートすることができます。

各業界での導入例

VeChainでは、下記のような業界での利用方法などを紹介しています。

  • ラグジュアリーブランド
  • 農業
  • ロジスティクス
  • 政府
  • 食料・衣料品

ラグジュアリーブランド

ある世界的に権威あるラグジュアリーブランドとの提携により、VeChainではそのブランドの製品に、正規品を証明する特別設計のNFCチップを組み込んでいます。これによりブロックチェーンとともに真贋判定や製品のトレース、製品ライフサイクル管理などが可能にもなります。

消費者は、モバイルアプリで製品に組み込まれたNFCチップをスキャンするだけで、製品に付随する、独自の”ストーリー”を知ることができます。

農業

VeChainは、有機栽培を行う農家に対し、クラウドサービスを利用できるブロックチェーンソリューションを提供しています。
これは、この業界向けに特別にデザインされたIOT技術を備えています。

このソリューションは、穀物の質や量を高めるための正確なデータの提供を目的としており、これにより環境へのネガティブな影響を最小化するとともに、穀物の品質検査の価値の大幅な向上が見込まれます。

ロジスティクス

VeChainでは、サプライチェーン上の小売業者や流通業者、運送業者や倉庫業者などの様々な業者間で、より便利に、かつより安全に情報のやりとりができるブロックチェーンテクノロジーを提供しています。

これにより、流通プロセスの効率性が強化され、イノベーティブなビジネスモデルも実行しやすくなります。

政府

地方行政府の機関は、ノードとしてVeChainのノードに加わります。

分散化や不変性、安全性といったブロックチェーンの特徴は、透明性のある情報交換や連携を可能とします。これによりインターネット上での政府サービスの質や効率性を高めることができます。

食料・医療品

VeChainでは、食料・医療品がその出荷から消費者に届くまでの全プロセスのトラックレコードをデジタル化します。

これにより、製品ライフサイクルを通じた食料・衣料品の流通過程が把握でき、モニタリングを強化することが可能となります。そして、安全性が高まることにより大きな消費者から信頼を獲得できる可能性を秘めています。

VeChainの価格推移・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年8月22日
  • 取引開始時価格:0.23$
  • 直近価格   :4.71$
  • 最高値    :4.71$(2018年1月7日)
  • 最安値    :0.04$(2017年9月18日)

2017年10月に取引開始されました。当初は0.24USDからスタートしています。その後、上下を繰り返しつつ、2017年12月に一気に価格が0.7USDまで高騰しました。2ヶ月足らずで3倍近くまで上昇したことになります。

プロジェクト内容も非常にユニークなので、今後も価格の動きに注目したいと思います。

VeChainの買い方・売り方・購入方法・取引所

VeChainの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Binance(バイナンス),Liqui,Kucoin,Hitbtc,Gate,Coss,Ether delta

VeChainを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. Coincheck(コインチェック)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. VeChainを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

VeChainの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

VeChainの将来性

昨今、様々な仮想通貨プロジェクトが乱立する中、VeChainは中国発のブロックチェーンであり、真贋判定という機能を組み合わせた、ユニークなプロジェクトを展開しています。
あまたのプロジェクトの中でも、ニッチな分野を切り開こうとしている一方で、昨今のIOTの流れと組み合わさることで、様々な業界の効率性やデータの把握・分析など、重要な情報の取り扱いを一変させる可能性のあるブロックチェーンだと思います。

そういった意味で第三世代型暗号通貨の代表であるIOTAなどと競合するとも考えられますが、非常に魅力的なマーケットに位置しているとも考えられ、今後も目が離せないと思います。

VeChainの最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年第2Q、VeChainトークンとウォレットがリリースされる予定です。
2018年第4Q、IOTと連携するテクノロジーを公表予定です。

公式サイト

▼仮想通貨初心者にオススメの取引所

日本の取引所で取り扱いのないアルトコインを購入するために海外取引所を利用する場合には、ビットコインを送金して利用するため、日本の取引所での「ビットコインの購入」が必要です。

日本国内でビットコインを購入できる取引所は、ビットコイン取扱い高日本一の「Coincheck(コインチェック)」がオススメです。

無料登録はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」を参考にしてください!

VeChain(ヴェチェイン/VEN)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 1件

  1. 1

    ビットコイン1月に買っておけばよかった人 ID:d95e2d638 返信

    ブランドや唯一無二のものに正しい価値があるのかの判定にブロックチェーンを利用するプロジェクトにヴィトンの人がいるのは信頼性があって面白いな。バイナンス銘柄増えているけど、バイナンスにあるところ出来高も高くて悪くない通貨が多い。

    2017/12/30(土) 13:55:16

他のコメントの書き込みをみる