研究者によると、Zcashのプライバシーが特定の行動で弱められる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

火曜日に販売された新聞によると、研究者らはZcashの匿名性を弱める特定の取引の中にあるパターンを特定した。

George Kappos氏、Haaroon Yousaf氏、Mary Maller氏、Sarah Meiklejohn氏の4名は、「隠蔽されていない」アドレスから「隠蔽された」アドレスに送金し、再び「隠蔽されていない」アドレスに返金されたコインでは、zcashユーザーが期待する匿名性の多くが失われたことを発見した。

ロンドン大学に属する彼らのチームは「比較的単純な経験則が…全体の匿名性のサイズを69.1%だけ減らした」と論文に書いている。

Zcashはもっとも有名で高く評価されているプライバシーコインだが、2種類のアドレスを提供する。一つは「t-address」で透明、つまり隠蔽されておらず、残高と取引がブロックチェーン上で公開されている。もう一つの「z-address」は隠蔽されており、残高と取引は見えない。

隠蔽されていないアドレス間の取引は、ビットコインのように偽名を使ったとしても、完全に公開される。隠蔽されたアドレス間の取引はほぼ完全に見えないようになっており、マイニングのタイムスタンプと手数料が見えるだけだ。

しかしながら論文によると、隠蔽されたアドレスと隠蔽されていないアドレスの間での取引は事態を複雑にし、隠蔽されているはずのz-addressについての情報を探り出すことを可能にしている、とのことだ。

その理由の一部は行動にある、と論文の著者は説明する。「創設者が変わった方法でプールとやり取りすると経験則はあまり役に立たなくなります」彼らはこのように書いている。

「具体的には、いつも同じ金額を同じ時間間隔で引き出していると、資金を引き出している創設者とその他の人を区別できるようになりました」

このような取引やマイナーが実施する似たような取引の理由は、zcashのコインを他の取引で使えるようになる前にz-addressの「隠蔽されたプール」を通過させる必要があるからだ。

研究者らはzcashの創設者に、本論文の出版前にこの問題について警告し、すでに変更済みだ、と書いている。

それに応じてZcashの創設者Zooko Wilcox氏とマーケティング部長Josh Swihart氏は研究チームを祝福し、彼らは「人間社会の未来に重要なこれらの問題の調査に参加するため科学者を招待した」と述べた。

実際のプライバシー上の懸念について記事では次のように述べている。

「隠蔽されたアドレスをパススルーメカニズムに使用する際、プライバシーがどれだけ失われているかを理解することが重要です。

しかし隠蔽されたアドレスを使うことはお勧めしません。その代わり隠蔽されたアドレスに保管してください」

Wilcox氏とSwihart氏はさらに、zcashプロトコルの予定されたアップグレードは、特に初期段階でのハードフォークは、論文で指摘された匿名性のリスクを減らす可能性がある、と述べた。

今のところ、隠蔽されている取引は少数派で、取引の双方でz-addressを使っている完全に隠蔽された取引はさらに少ない。Zchain block explorerによると、過去一ヶ月間に行われた取引の85%は完全に公開されており、完全に隠蔽されているのはたったの0.6%に過ぎない、とのことだ。

Zcash(ジーキャッシュ)とは?基本情報 Zcashは比較的新しい仮想通貨で、2016年10月に公開されました。匿名性を特徴とし...

Zcash Privacy Weakened by Certain Behaviors, Researchers Say