仮想通貨は「通貨の世界で次の正しいステップへ」:ナスダックCEO

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨は「通貨の世界で次の正しいステップへ」:ナスダックCEO

ナスダックの最高経営責任者アデナ・フリードマンは、特定のコインやトークンが最終的に大衆に受け入れられるかどうかは「まだ定かではない」としながらも、仮想通貨を前向きに捉えている。

CNNのポッドキャスト、ボスファイルズで最近語ったところによると、フリードマンは「グローバル化した決済機能」が国境を越えたデジタル経済に最適であることから、仮想通貨は通貨の世界で次の正しいステップを踏んでいると感じている。

彼女は言う。

「それがどのように進化し、どの仮想通貨が最終的に選ばれるのかは、本当にまだ定かではありません。

しかし我々が今日使っているものより効率が良く、よりグローバル化した決済機能は国際的な資金移動を可能にし、確実にインターネット経済を支えることになると信じています」

CNNが伝える通り、これまでフリードマンは、ナスダックが長期投資の一環としてビットコインの先物取引を始めることを検討しており、市場が成熟すれば将来仮想通貨交換所の設置も考えていると述べてきた。

インタビューの中で、フリードマンはブロックチェーンの技術の将来に期待しており、それが「システムから多くのリスクを排除し、それがうまくいけば銀行は大量の資本を必要としなくなります。それはとても魅力的なことです」と語っている。

そして彼女はブロックチェーンの技術が一夜にして金融システムを変えるとは思っていない。それはゆっくりと、最初はより規制の少ない市場か、非常に効率の悪い分野で起こるだろうと予想している。

「最初にブロックチェーンを取り入れるのは、より規制の少ない市場、効率の良くない市場、あるいは受け入れる準備の整った市場でしょう。

それをテストし、うまくいくことを示してから、ナスダックの個人取引かファンド業界で効率性を実証してみてください」

フリードマンは語る。「成功させるには(自治体レベルの)村が必要ですが、ブロックチェーンの使用事例で大幅に効率を上げられれば、みなモチベーションが高まるはずです」

その村には政府の監督官を含み、この急成長を遂げている分野に彼らがどう反応するかが開発に大きな影響を及ぼすだろうと、彼女は付け加える。

「政府はそれを受け入れ始めるでしょうか? あるいは自分たちの監視分野の外に留めておくでしょうか? それはまだわからない難しい質問です」フリードマンは結論づける。

「この技術はすばらしいものです。本当に信頼できる技術です。あとは地域社会がそのすべてを受け入れられるかを確認するだけの問題ですね」

Cryptocurrency the ‘Right Next Step in the Space of Currency’: Nasdaq CEO