イーサリアムの Casper(キャスパー)、 最初のアップグレード版を公開

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イーサリアム・ネットワークが合意に達するよう計画されたCasperの新しいコードが、監査人とクライアント開発者による精密な監査のために公開された。

「バージョン0.1.0では、クライアントと外部監査人が契約や変更をより簡単に追跡できるよう、タグ付けの公開を明確にしている」とCasper FFGの開発者であるDanny Ryan氏は、GitHubにバージョン0.1.0のコードを公開した。

Ryan氏は、更新に関するRedditの投稿の返信を次のように書いている:

「研究チームや監査人、クライアント開発者だけがその契約を利用しているわけではない、誰もが組織化を続けられるように、より明確なバージョン管理と変更履歴の発行を始めたかった」

イーサリアム・ソフトウェア・クライアントは、個々のコーディング言語にスクリプト化してソフトウェアをテストできるため、プロトコルの変更に勢いが増している。

イーサリアムの開発者Vitalik Buterin氏は、先週トロントで開催された会議でCasperのアップグレードを取り上げこう言った。「短期間でより多くの喜びがあるイーサリアム体験の一つになることを願う」

一旦実装されるとCasper FFGはイーサリアムのソフトウェアを変更し、ブロックチェーンを更新するには、プルーフ・オブ・ワーク(ビットコインに精通した電気集約的な「マイニング」)とプルーフ・オブ・ステークの組み合わせを必要とする。

後者は検証ツールを使用して帳簿システムを更新する。ユーザーはStakerと呼ばれることもあり、詐欺をしようとすると預金を失われる可能性がある。

初期段階でCasperは、チェックポイントを定期的に検証するためにプルーフ・オブ・ステークを使用して、主な作業を行うイーサリアムの現在のプルーフ・オブ・ワークのプロトコルを保持する。

ネットワークは非常に多くの検証ノードしか処理できないため、最低預金額は1,500 ETH(イーサ)、すなわち現在の為替レートでは110万ドルで始まる。

結局、計画は完全なプルーフ・オブ・ステーク システムに移行し、最小限のステークを引き下げることだが、現時点でその移行の明確なタイムラインはない。

今のところ、Casperのこの第1ステージは監査されなければならず、イーサリアムのクライアントのためにより多くのコードが書かれるまでネットワークは実装することができない。

Casperは以前のバージョンのイーサリアムと互換性がないので、ネットワークはハードフォークする必要がある。

ライアン氏は先月、開発者会議に次のように語った。

「これらのパズルの断片が完成に近づくにつれて、フォークブロック番号について話を始める時が来た」

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

The First Version of Ethereum’s Casper Upgrade Has Been Published