バイナンスのCEOはICOが「必要」だと言うが、ほとんどのVCは「手掛かりなし」

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

バイナンス(Binance)の最高経営責任者(CEO)は、新規仮想通貨公開(ICO)が、初期段階のベンチャーキャピタル(VC)の成長を支える主要な方法に取って代わるものと考えている。

ブログ記事「ICO:あればよい、ではなく必須」と題した記事において、趙氏はICOの価値を称賛し、自らの経験により「ICOを通じた資金調達は伝統的なVCでの調達より100倍ぐらい簡単だ」と説明している。

VCが投資しているプロジェクトについての「手がかり」や、成功間近の新興企業への手助けがないため、VCがスタートアップに提供すると考えられるメリットははるかに少ない。

彼は次のように書いている:

プロフェッショナルVCの投資家の中には、本当にその分野のエキスパートであり起業家を助けることを真剣に試みているものの、プロフェッショナルVCの大部分が投資するプロジェクトや分野についての手掛かりがないことがわかる。

自分たちの多くはスタートアップの経験がないし、その分野に関わる技術の基本的な理解さえもない。

趙氏はさらに、ICOが資金提供したプロジェクトの割合が「伝統的なVC投資プロジェクト」よりも最終的に成功すると考えていると主張し、多くのVCがすでにICOに直接投資を開始していると指摘した。

趙氏は、直接的に言及していないが、有名なVCであるセコイアとの継続的な法的紛争を背景に、この記事を起草した。セコイアの中国部門は昨年、取引所で少数株主持分を購入しようとしていた。

セコイアはCCNが報告したように、バイナンスとセコイアの間の協議が崩壊した後、別のVC会社からのオファーを受けて独占契約に違反したとして趙氏に異議を申し立てた。

趙氏は疑惑を否定し、月曜日に彼はバイナンスが「セコイアと直接的または間接的な関係があるかどうかを明らかにするために、バイナンスすべてのプロジェクトをリストアップする必要がある」と話した。

バイナンスは現在のところ、趙氏がその声明を具体的に意味するものが何かについて明確にすることを求めたCCNからの要請に回答していない。

Binance CEO Says ICOs Are ‘Necessary,’ Most VCs ‘Have No Clue’