仮想通貨(コイン)の Blocknet(ブロックネット)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBlocknetの価格・時価総額・出来高

通貨名Blocknet(ブロックネット)
通貨略号BLOCK
公開日2014年10月21日
システムProof of Stake
発行上限枚数390万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex
公式サイト

Blocknet(ブロックネット)のローソク足リアルタイムチャート

Blocknet(ブロックネット)とは?基本情報

Blocknetは、異なるブロックチェーン上のノード間のpeer-to-peer (P2P)プロトコルです。

本質的に収益化可能な「トークンエコシステム」を備えた現在のAPIエコシステムを主に特徴とする新技術とアプリケーションプラットフォームを組み込んだテクノロジースタックの基盤で、オープンエンドのアプリケーションを可能にし、開発時間を大幅に短縮します。

Blocknet(ブロックネット)の特徴・仕組み

特徴をポイントに沿って説明していきます。

  • 相互運用性
  • XBridge
  • サービス収益性

相互運用性

Blocknetプロトコルは、チェーン間の相互運用性を最大限に高め、コインの分散交換、ブロック間のサービス配信、およびサービスの収益化を可能にするように設計されています。これは、プロトコルの分散された3つのコアコンポーネント、ブロックチェーンルーター、分散資産交換、およびデータ転送によって可能になります。

ブロックチェーンルーター

全てのサービスノードが全ての仮想通貨をサポートできるわけではありません。ルータは、交換を完了し、料金を回収するために、手持ちの資産を、サポートするサービスノードを介して処理送信する事を可能にします。

分散資産交換

Cross-chain atomic swapはプロトコルによってサポートされている資産間で実行できます。Blocknetは既存のメジャーな仮想通貨をサポートしており、誰の許可も必要なく交換が可能です。

クロスチェーンデータ転送

このコンポーネントは、データと情報をあるチェーンから別のチェーンに送信することを可能にし、相互運用性を高め、このプロトコルの潜在的なユースケースと実装を高めます。

XBridge

Blocknetは、異なるブロックチェーン上のノード間の通信を可能にする最初のpeer-to-peerプロトコルであるXBridgeに基づいています。オープンソースであり、すべてのBlocknet対応アプリに実装されています。これは、分散型または集中型のオープンエンドのサービス配列を相互に接続するものです。XBridgeは、ブロックチェーンが相互運用性、モバイル性、モジュラー性を可能にします。

サービス収益性

アプリはサービスを提供するために支払われ、また機能するために必要なサービスを提供するため自動的に他のノードに支払いをします。サービスに支払う資金は、スクリーニング広告を通じて獲得することも、アプリが他のノードにサービスを提供したときに獲得することも、POSを通して自動的に獲得する事もできます。

またアプリケーションがサービスを提供するとき、クロスチェーンサービスを可能にするインフラを提供するため、Blocknetにマイクロ手数料を支払うこともあります。この手数料はBlocknetトークンの所有者に配布されます。

Blocknet(ブロックネット)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2014年11月1日
  • 取引開始時価格:0.08$
  • 直近価格   :33.3$(2017年12月26日現在)
  • 最高値    :36.6$(2017年12月25日)
  • 最安値    :0.02$(2015年11月14日)

2014年の取引開始からは上下はあるものの全体としては少しずつ値下がりし、0.002ドル台を推移していましたが、2015年4月中旬から徐々に上昇その年の6月には0.1ドルまで回復しましたが、その後はまた値下がりしました。緩やかな変動を繰り返しましたが、2017年3月から急激に上昇し、4月には取引開始価格から12倍となる1ドルを超え、12月現在は33ドルの高値を維持しています。

Blocknet(ブロックネット)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Blocknetの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex
※Blocknetを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Blocknet(ブロックネット)の将来性

取引価格が2014年で0.08ドルでしたが、現在33ドルまで値上がりしています。市場の仮想通貨に対する期待は大きく、今後の開発リリースに注目です。

Blocknet(ブロックネット)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

完了したタスク
  • 2014年10月から11月: ITO (initial token offering)
  • 2015年3月: Bitnation forgedとのパートナーシップ、分散型の交換UI/UXのビジネスロジックとモックアップ
  • 2015年5月: Ethereumコラボレーション ETHを統合するコミットメント
  • 2017年5月: サービスノードの設計、QoSプロバイダのコンセプト
  • 2017年6月: 分散型の交換アプリ
  • 2017年10月: VSA PartnersがUI/UXを開発している主要デザイン会社として発表
  • 2017年11月: DEX UIの公開
今後の予定
  • 新しいUIの統合
  • SPVウォレット
  • サポートされているコイン、設定ファイル、ドキュメント、およびその他のデータ(ishkb1)をリストする「ツールキット」サイト
  • TradingView統合作業
  • DX APIの強化
  • DXオーダーブックの強化
  • Visual DXエクスプローラ
  • 新しいBlocknetのウェブサイト
  • New DXウェブサイト
  • 分析サイト
  • DXフロントエンドの最初のデモ/テストサイクル
  • 0x統合(EthereumとすべてのERC20トークンをDXに追加)
  • Ethfinexの統合(DX上のBitfinexの注文書)

Blocknet(ブロックネット)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる