仮想通貨(コイン)の Bytom(バイトム/BTM)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBytomの価格・時価総額・出来高

通貨名Bytom(バイトム)
通貨略号BTM
公開日2014年7月14日
システムScrypt
発行上限枚数2760万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Poloniex,Novaexchange
公式サイト

Bytom(バイトム)のローソク足リアルタイムチャート

Bytom(バイトム)とは?基本情報

Bytomは、2017年8月に誕生した比較的歴史の浅い仮想通貨で、中国発のプロジェクトです。

Bytomは、複数のバイトアセット(ビットコインをはじめとする仮想通貨などの、デジタル資産・デジタル通貨のこと)のインタラクティブなプロトコルです。

Bytomのブロックチェーン上で様々な形で動作する、性質の異なるバイトアセット(先天的なデジタル通貨やデジタル資産)と原資産(ワラント、証券、配当、債券、情報、予測情報、その他物理世界に存在する情報)は、それぞれ登録や取引、ギャンブルなど、Bytomを経由してより複雑かつコントラクトベースの運用を行うことができます。

Bytom(バイトム)の特徴・仕組み

Bytomは、そのプラットフォームを通して、デジタル資産と原資産とを結びつけてくれるものです。

このBytomの特徴・仕組みは以下になります。

  • UTXOモデルとの互換性
  • 一般的なアドレス形式
  • 暗号の国際標準との互換性
  • AIのASICチップと親和性の高いPoWアルゴリズム
  • ODINによるアセットへのネーム入れ
  • トランザクション内の署名と他のデータとの分離
  • トレードの柔軟性の強化
  • サイドチェーンを活用したクロスチェーンの資産配当
  • Bytomの開発チーム
  • Bytomのコミュニティ

UTXOモデルとの互換性

Bytomは3つのレイヤーである、データ伝送レイヤー、コントラクトレイヤー、資産運用レイヤーから構成されています。

資産運用レイアーはコントラクトを呼び出すことによって、アセット上で稼働します。データ伝送レイヤーは、ハイスピードな同時性と制御可能な匿名性を達成するために、UTXOモデルとBitcoinのデータ伝送構造と互換性があります。

一般的なアドレス形式

HDウォレット(階層的かつ決定論的なウォレット)に付随して、複数の通貨、アカウント、アドレス、鍵へのサポートを提供するために、Bytomウォレットでは、BIP32、BIP43、BIP441という技術が使われています。

ユーザーは、マスターキーを持つだけで、全ての資産をコントロールすることができます。

暗号の国際標準との互換性

Bytomの資産管理と運用は、秘密鍵と公開鍵、アドレスシステムで行われています。そこでは、Bitocoinの設計の中でつかわれているESCDAの暗号化技術とSHA256ハッシュ関数が使われています。

Bytomの中では、SM2という暗号アルゴリズムが使われており、秘密鍵の生成が現行多く使われているRSAやDSAよりも早いという特徴を有しています。

AIのASICチップと親和性の高いPoWアルゴリズム

新しいPOWアルゴリズムを使用し、ハッシュ処理に行列と畳み込み演算が導入されています。

ODINによるアセットへのネーム入れ

アセットへのネーム入れは、ネットワークやブロックチェーン全体の一貫性を確保するために、ODIN(Open Date Index Name)標準に準拠しています。

ODINはBitcoinのブロックチェーンに基づいており、複数階層でのマーキングを通して他のブロックチェーンの導入をサポートします。

トランザクション内の署名と他のデータとの分離

Bytomのデザインの中で、様々な資産間の相互運用を可能とさせるDLTプロトコルが導入されています。同じプロトコルを採用する複数のブロックチェーンは、それぞれ独立に存在することができます。

また、異なるオペレーター間でも同一フォーマットでやりとりでき、クロスチェーンでの取引が可能となります。

トレードの柔軟性の強化

イーサリアムとは異なり、BUTXOは並行的にトランザクションを検証できます。

また、Bytomはイーサリアムよりも本質的に軽いです。これは、Bytomではトレード自身に必要情報(アセットIDや単位など)が記録されるので、利用者は未決定の結果だけを記録する仕様になっているためです。

サイドチェーンを活用したクロスチェーンの資産配当

開発者は、Bytomのプラットフォーム上で、他のブロックチェーンなどを作ることができます。

そして、ネットワーク活動を検証するために、スマートコントラクト経由でAPIコールを実行しすることで、クロスチェーンでのコミュニケーションや資産の転送、配当の分配を行うことができます。

Bytomの開発チーム

Bytomの開発チームは公式サイトから確認することができます。

役員からデベロッパー、マーケティング担当など全部で20程名前と顔写真、経歴等が掲載されています。中国初のプロジェクトということで、ほぼ全員中国の方が携わっています。

Bytomのコミュニティ

大規模もしくは公式のコミュニティは見つかりませんが、一部Facebook等ではファンが集まっているようです。

こちらは公式のTwitterアカウントでフォロワーはまだ2万人弱です。他の仮想通貨コミュニティと比べると非常に少ないですが、これから知名度が上がるにつれて増えると予想されます。

ちなみに2018年6月の時点で、最大手仮想通貨取引所Binanceに上場される通貨の候補となっております。

Bytom(バイトム)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年8月8日
  • 取引開始時価格:0.11$
  • 直近価格   :0.37$
  • 最高値    :1.11$ 取引開始時価格の約10倍!
  • 最安値    :0.036$ 取引開始時価格から約70%減!

取引開始当初に大きく値上がりをしましたが、その後は下火になっていました。12月ごろからまた価格が上がり始め、最高値を記録しています。

Bytom(バイトム)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Bytomの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Poloniex,Novaexchange
※Bytomを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Bytom(バイトム)の将来性

  • メリット1:汎用性の高いプラットフォーム
  • メリット2:そこそこ時価総額が高い

デジタル通貨と原資産との転換や取引は、様々な仮想通貨プロジェクトで行われています。
今後も活発になっていく分野だと思われるので、Bytom含め継続的に注視していくと面白いと思います。

Bytom(バイトム)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年6月現在、Binanceの上場通貨の一候補として挙げられています。

2018年第1Qに第一回目の所有者大会と規約の制定を行う予定になっています。

Bytom(バイトム/BTM)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる