タイのトップ取引所がブロックチェーンの資金調達マーケットを計画

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

タイの国営証券取引所は、スタートアップのための新しいブロックチェーンによるコンポーネントを発表。

タイの証券取引所(SET)は、国内のスタートアップ企業の資金を拡大するため、ブロックチェーン技術をベースとするクラウドファンディング市場を開始した。

金曜日のタイ証券取引所(SET)の発表によると、LiVEという新しいサービスは、ピア・ツー・ピア取引を可能にするブロックチェーンを使用しており、スタートアップ企業がベンチャー企業や投資家からの新たな資本を得るのをサポートしている。

SET関係者は、これまでに8つの企業がブロックチェーン・プラットフォームに参加しており、50の企業がこのサービスに参加する予定だと言う。

SETの社長ケサラ·マンシュスリー氏は、この発表でこう述べている。

「LiVEプラットフォームは、タイの成長を促進し、特にスタートアップを可能にする重要なメカニズムとなり、中小企業はクラウドファンディングを通じて多くの財政的なアクセスを得るだろう。

企業はLiVEを利用して、より大きいターゲットグループに昇進させ、パートナーシップを利用して顧客基盤を拡大することができる」

この立ち上げから、1年間の技術開発の過程がある。以前CoinDeskが報告していたように、SETは昨年3月にスタートアップのクラウドファンディング·プラットフォームを構築する計画を始めた。

SETは当時600社を超える企業がブロックチェーンを利用した市場への参加に関心を示していたと述べている。

同時に、香港証券取引所など世界各国の他の証券取引所も、中小企業向けの証券市場を開拓するための手段としてブロックチェーンを注目している。

Thailand’s Top Exchange Plans Blockchain Funding Market