アイスランドで盗まれたビットコインマイニング機器が中国にあるとの可能性

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

先週の地元メディア報道によると、アイスランドの暗号通貨マイニング用コンピュータ600台が中国にある可能性があるという。

アイスランド国営放送(RUV)によると、アイスランドの警察は中国政府当局が600台のマイニング用コンピュータを没収した後、中国当局に調査を依頼した。新華社報によると、天津地域の警察は異常に高い電力消費を検出した後、機械を押収したと伝えられている。

中国の通信社は、これが「近年で最大のエネルギー盗難事件」である可能性があると説明し、8人のハイパワー送風機も没収されたと言及した。マイニング工場を運営していた人間は電力計を短絡し、マイナーに電力を供給するためのエネルギー使用請求から逃れていた。

この摘発がなければ、電力計は「数十万人民元」もの使用料を記録していただろう、と新華社通信は報じた。

しかし、中国で押収された機械がアイスランドの「ビットコイン大強盗」と関係があるかどうかは不明だ。

以前報告されたように、12月と1月の間にいくつかの事件で機械が盗まれたが、職員はこれまでその所在を発見できなかった。コンピュータの所有者は、盗まれたコンピュータ関連の情報提供者には60,000ドルの報酬を提供するとした。

窃盗の背後にある容疑者は、オランダからアイスランドに移送される予定だ。彼は監視の緩い刑務所から逃亡してスウェーデンに出国した後にオランダで逮捕された。

以前報告されたように、シンドリ・ソー・ステファンソン(Sindri Thor Stefansson)氏は、近くの国際空港までタクシーに乗り、国の首相を乗せた航空機で国外へ逃亡したと伝えられている。

Iceland’s Missing Bitcoin Miners May Be In China