宇宙でビットコインをマイニングする時代が到来する

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Miner One社は月曜日、Space Miner Oneと呼ばれるBitcoinマイニングリグを成層圏に投入し、取引を確認し、世界で初めて地表から10万フィート以上の高度でBitcoinをマイニングしました。

気象調査用バルーンに取り付けられたSpace Miner Oneリグは、成層圏でしばらく漂った後、リトアニア領内にパラシュートによって安全に着地しました。

マイニングリグは衛星電話でインターネットに接続され、 ASICマイニングチップ 、ラズベリーパイ3、バッテリー、GoPro Hero 5、競争優勝者のための金属製のお土産用コインも装備されていました。

Miner One社CEOのプラナス・スルスニス(Pranas Slušnys)氏は、打ち上げの意味と将来の計画について以下のように述べています。

「Space Miner Oneの目標は、ビットコインなど一般的な仮想通貨に使われているブロックチェーン技術が、将来欠かせない画期的な技術となりつつあるという信念を象徴的に表現することです。

そして、現在は成層圏でのマイニングが限界でした。」

プラナス氏は、20年以上のIT&Tビジネスとデータセンターの構築と管理の経験を誇っています。 Miner Oneプロジェクトは現在、スウェーデン北部にマイニングセンターを建設するための資金を調達しています。

寒冷な気候と低いエネルギーコストは、マイニング作業に有利に働き、家庭でのマイニングよりも投資家により良いリターンを与えると考えています。

特に現在はBitcoinとEtheriumの価格の反転しているため、Miner Oneが成長するために必要な最先端の設備を増やすのに役立つと述べています。 このプロジェクトは、夏の終わりまでに投資家への支払いを開始することを約束しています 。

プラナス氏はCCNに、月曜日の打ち上げが象徴的だが、将来宇宙でのマイニング作業が現実になると確信していると語りました。

“我々はマイニング作業やブロックチェーン技術が最終的に宇宙空間で行われると考えています。 既にマイニング可能な通信チャンネルは宇宙で利用されています

また、NASAが宇宙での通信とナビゲーションにブロックチェーン技術を使用する可能性を研究しているという話を聞いています。

Miner Oneチームが地上にマイニングセンターを建設しようとしている間、NASAは実際に深宇宙航行のためのブロックチェーン研究を開始しています。将来的にはマイニングノードと太陽電池パネルを備えた衛星がネットワークを運用し、宇宙から報酬を得るようになるかもしれません。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Mining in Space: An Interview With Miner One’s CEO