エチオピア、コーヒー豆追跡にブロックチェーン技術を用いる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

エチオピアは、最大の輸出品であるコーヒーのサプライチェーンを追跡するために、ブロックチェーン技術の使用を検討しています。

そのために、東アフリカ連合はブロックチェーンの研究開発会社であるIOHKと提携して、コーヒー豆の出荷およびその他の農業分野のためのブロックチェーンアプリケーションを開発しました。

プレスリリースでは、IOHKはエチオピア科学技術省と協力し、同国の閣僚、起業家、新興企業と密接に協力すると発表されました。

科学技術大臣のゲターン・メクリア(Getahun Mekuria)氏は、エチオピアのブロックチェーン開発者による作業基盤として、カルダノ(Cardano)ブロックチェーンプラットフォームを用いると述べています。

IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキントン(Charles Hoskinson)氏によると、同社の取り組みはサプライチェーンの役割を超えているとし、次のように述べました。

「私たちは、エチオピアのブロックチェーン開発者を訓練しています。そのうち何人かはIOHKに雇用する予定であり、残りの人たちも、各自のスキルをエチオピア経済の発展に使うことでしょう。

最初の訓練生はすべて女性であり、彼女らは卒業後に、カルダノの技術を使用するアフリカにおける最初のベンチャー企業を創出するでしょう」

Cardano(カルダノ)とは?基本情報 Cardanoは、日本で名前を聞くことはあまりありませんが、2018年4月13日現在、日...

Ethiopia Explores Blockchain Role in Tracking Coffee Exports