仮想通貨(コイン)の Komodo(コモド)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のKomodoの価格・時価総額・出来高

通貨名Komodo(コモド)
通貨略号KMD
公開日
システムEquihash
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,,Cryptopia,Coin exchange
公式サイトKomodoの公式サイト

Komodo(コモド)のローソク足リアルタイムチャート

Komodo(コモド)とは?基本情報

Komodoは、Komodoプラットフォームで使われる仮想通貨であり、略号はKMDとなります。
Komodoプラットフォームは、あらゆるレベル、あらゆる業界の開発者のための、エンドツーエンド型の完璧なブロックチェーンソリューションを提供することに重点を置いたプラットフォームです。このプラットフォームは、シンプルな作りでありつつも、それぞれの状況に合わせたブロックチェーンソリューションを提供します。配置するのが容易で、ニーズに合わせた設定も可能です。
Komodoプロジェクトは、仮想通貨KomodoとKomodoプラットフォームを活用することで、パートナーと開発者がブロックチェーン技術を促進するエコシステムを構築していくことを目標としています。

Komodoの公式ホームページ

Komodo(コモド)の特徴・仕組み

Komodoの特徴・仕組みは以下の3点です。

  • 柔軟
  • 安全
  • シンプル

柔軟

Komodoのプラットフォームを利用する開発者は、独自のブロックチェーンを作ることから始めます。そして、このブロックチェーンはKomodoのエコシステムにつなげられます。このブロックチェーンは、自己充足的なものであるため、Komodoの親チェーンからはいかなる制約も受けません。
Komodoのプラットフォームはあくまでもモジュール構造となっているので、開発者やパートナーはどのKomodoテクノロジーを使いたいか、自由に選ぶことができます。
自己充足的ブロックチェーン、モジュール構造、自由な選択が、Komodoの高い柔軟性を生み出しています。

安全

Komodoプラットフォームは、究極の安心感を与えられるよう、安全性とプライバシーを基礎に構築されています。Komodoで採用されているdPoW(delayed proof of work)は、ブロックチェーンのバックアップを行うセキュリティ層を提供し、これをBitcoinのブロックチェーンに公表されます。これにより、最も小さいブロックチェーンでさえもBitcoinレベルのセキュリティが確保されます。
また、仮想通貨Zcashで採用されているゼロ知識証明(Zero-knowledge Proofs)も採用しており、プライバシーを保護するためにどの方法にするか選択できます。
これにより、高い安全性とプライバシーを作り出しています。

シンプル

Komodoの目的は、あくまで分散型ブロックチェーンがメインストリームで採用されるよう、後押しをしてくことです。
そのため、Komodoは、開発者やパートナーがニーズを満たすブロックチェーンを早くかつ正確に展開できるよう、そのテクノロジーやサービス、サポートを提供します。開発者やパートナーが、Komodoプラットフォームを過剰に気にしないような、シンプルな構造を構築しています。

Komodo(コモド)の相場・チャート・高騰/暴落情報


取引開始日  :2017年2月5日
取引開始時価格:0.11$
直近価格   :6.04$  取引開始時価格の約60倍!
最高値    :6.40$(2017年12月19日)  取引開始時価格の約64倍!
最安値    :0.009$(2017年3月14日)  取引開始時価格から93%の下落!

取引開始当初は、価格は低調に推移しておりましたが、6月ごろから取引が活発になり始めました。そして2017年12月の仮想通貨全体の値上がりに合わせ、Komodoの価格も上昇し、12月19日は取引開始時価格の約64倍となる6.40$をつけました。

Komodo(コモド)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Komodoの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,,Cryptopia,Coin exchange

Komodoを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Komodoを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Komodoの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Komodo(コモド)の将来性

Bitcoinは、2009年の誕生後、徐々に注目され、今年2017年はメディアを大きく賑わせました。一方で、ボラティリティの大きさやバブルあるとの警鐘、スケーラビリティーの問題など、懸念点も多く指摘されています。
この流れの中で、Bitcoinの欠点を補うよう改良した、様々な仮想通貨、通称アルトコインが多く誕生しました。
Komodoもアルトコインに含まれますが、その根本ではあくまでBitcoinを基盤としており、Bitcoinブロックチェーンへの紐付けやPoWを改良したdPowの採用など、Bitcoinとの類似性を保持しています。Bitcoin自体が批判の的になりながらも価格をさらに押し上げている中、このKomodoもその影響を受ける可能性があり、今後の価格動向が気になります。
また、このKomodoプラットフォームは、革新的なテクノロジーとして注目されているブロックチェーンを、より簡単かつ柔軟に構築できるプラットフォームであり、このプラットフォームもまたKomodoや仮想通貨、ブロックチェーン技術の伝播に大きな役割を果たしうる存在として、注目するに値する存在だと思います。

Komodo(コモド)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年11月10日、世界初の分散型ICO(decentralized ICO, dICO)を予定しておりましたが、未だ実行されておりません。
このdICOは、パートナー企業のMonizeと共同で行う予定となっております。

Komodo(コモド)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる