他国が負担軽減に動く中、新たな暗号通貨税を目論むタイ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

これまでの2週間に3つの国の政府がプロジェクトを規制し、調査する努力を開始したことで、暗号通貨分野の進展の可能性のある国がますます増えている。特に重点を置いているのは税務政策である。

予想されるように、一部の管轄区域、特にアジア市場では、暗号通貨トレーダーが損益を報告する際に従うべき規則を明確にする方向に動いている。

その中のいくつかはまだ初期段階だが、政府職員は暗号通貨分野で働く人たちや、その分野へのビジネスをもたらす可能性のある人々が感じるであろうあらゆる疑問や不明点を払拭したいと考えている。

そのために、一部の政府は、暗号通貨を交換または取引しようとする企業にとっての道筋を実際に整備しようとしている。その一部には、そのような企業の税負担を軽減することが含まれており、それらの国々に店舗を開設するという暗黙の希望がある。

それでも規則が明らかになるまでには、少なくとも次の課税時期までにはまだ時間がかかるかもしれない。

タイでの新税制は形を成しつつある

タイは7%の付加価値税(VAT)を導入すると同時に、暗号通貨取引のキャピタルゲイン税を15%に設定するようになっている。これは、こうした資産の取引を扱う取引に関する新しい規制と結びついている。

先週、タイの財務省はタイのブロックチェーン協会から近い将来コミュニティに課される予定の税負担の一部を軽減する要請があったにもかかわらず、この法案を導入する方向に動いていると指摘した。

この法案はまた、より厳格なノウ・ユア・カスタマー(KYC)手続きを実施し、すべてのユーザーの識別データを収集するために交換所を必要とする。

フィリピンの特別経済区域

フィリピンの政府は、あなたが考えているのとは真逆のアプローチを取る方向に進んでいる。

当局者は、暗号通貨を開始する企業10社に対し、通常よりも低い優遇税率を適用する特別経済区域で事業を開始することを許可すると発表した。

スタートアップには、マイナー、ICOプラットフォーム、取引所が含まれる。しかし、彼らは単に特別扱いされているだけではない。 彼らは今後2年間で国家経済に投資するよう求められている。ロイターは、100万ドルの投資の投資に対するライセンス料は10万ドルを上回ると指摘している。

スタートアップは依然としてある程度制限されており、国が決めた法律に違反することを避けるために、オフショアでのあらゆる命令を強制的に受け入れることになる。

アブダビへのフィードバック

それほど拘束力のない動きとして、アブダビ・グローバル・マーケットの金融サービス規制当局は、暗号通貨取引に関するルール案を発表した。

しかし、確定したポリシーは存在しない。現在、当局は業界メンバーからのフィードバックをフレームワーク上で求めている。

他の規定の中でも、このフレームワークは、マネーロンダリング対策、テロ資金対策、消費者保護、技術ガバナンス、安全な保護ルールを概説している。スポット的な暗号通貨も提案されたフレームワークに含まれている。

マイニングの中断

これまでの税制面では米国の州規制当局は、投資家予備軍をターゲットにした不正行為の摘発を継続している。

ノースカロライナ州の国務長官は、3月初めに一時的に暫定的に発令された停止命令に続きパワー・マイニング・プール(PowerMining Pool)社に対して、無期限営業停止を命じた。

規制当局は、パワー・マイニング・プール社が州の証券法に違反し、いくつかの暗号通貨のうちの1つをマイニングするのを助けるためにビットコインで株式を販売し、危険な販売戦略を使用していると主張した。

規制当局は発令した指令において、同社のウェブサイトが閲覧不可になっており、一時的な注文に対応していないと指摘した。

Thailand Targets New Crypto Taxes While Others Move to Ease Burdens