仮想通貨(コイン)の BitShares(ビットシェアズ/BTS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBitSharesの価格・時価総額・出来高

通貨名BitShares(ビットシェアズ)
通貨略号BTS
公開日2014年7月19日
システムDelegated Proof of Stake
発行上限枚数20億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所,Poloniex,Livecoin,Bitcoin indonesia,Yobit
公式サイトBitsharesの公式サイト

BitShares(ビットシェアズ)のローソク足リアルタイムチャート

BitShares(ビットシェアズ)とは?基本情報

ビットシェアズとはInvictus Innovations社が開発しましたが、現在はCryptonomex社が開発を担っています。OpenLedgerと呼ばれる管理者のいないDEX(分散型取引所)など金融ソリューションのプラットフォームです。

新しい仕組みであるBitShares 2.0の使用も開始され、ブロックチェーン上での交換やバンキングを含む一連金融サービスを主にビジネス向けに企業に提供しています。

BitShares(ビットシェアズ)の特徴・仕組み

ビットシェアズは多くの特徴・仕組みがあります。今回はその中でも特化している特徴をポイントに沿って説明していきます。

  • 分散型金融プラットフォーム
  • 価格安定性の高いスマートコイン利用
  • LMAXから学んだパフォーマンス
  • 柔軟な支払いシステム
  • ステークホルダー承認のプロジェクトファンド
  • Delegated Proof of Stake (DPOS)

分散型金融プラットフォーム

ビットシェアズは中央管理機関を持たないOpenLedgerの分散型プラットフォームです。同じ分散型プラットフォームにはリップルもありますが、リップルと大きく異なる点はリップルは管理機関を内部に保有していますが、ビットシェアズにはいかなる管理機関もありません。その為、不正が起こったり、データ改ざんのリスクが大変低いプラットフォームです。

価格安定性の高いスマートコイン利用

ユーザが利用するスマートコインは値が米ドルや金などの別の資産の値に固定されている暗号化方式の為、常にビットシェアズのコア通貨であるBTSの100%以上の価値を保有しており、信頼できる価格で設定された為替レートでいつでも変換することができます。

LMAXから学んだパフォーマンス

毎秒600万件のトランザクションを処理できるLMAXエクスチェンジから学んだ技術により、VISAやMasterCardを組み合わせた場合よりも毎秒多くのトランザクションを処理するよう設計されています。

柔軟な支払いシステム

ビットシェアズは定期的な支払いをサポートした最初のスマートコントラクトプラットフォームです。この機能により、ユーザーは第三者に特定の限度内で口座からの引き出しを許可することができます。毎月の請求書と定期支払いを行える便利なシステムです。

ステークホルダー承認のプロジェクトファンド

ビットシェアズはステークホルダーにブロックチェーンの準備金が使われている場所を指示する権限を与えることによって、自己資金調達と自己維持ができるように設計されています。

ビットシェアズでは、取引手数料が回収され、株価が上昇するにつれて自動的に成長する12億BTS(約8百万ドル)の予備プールがあります。

毎日、ブロックチェーンは最大432,000 BTS(約77,000ドル/月)を費やすことが認められおり、ネットワークを十分機能させることができるようにしています。

Delegated Proof of Stake (DPOS)

Delegated Proof of Stake (DPOS)は、最も速く、効率的で分散化された柔軟なコンセンサスモデルです。DPOSは、公正かつ民主的な方法でコンセンサスの問題を解決するために投票したステークホルダー承認投票の力を活用します。

BitShares(ビットシェアズ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2014年7月21日
  • 取引開始時価格:0.01$
  • 直近価格   :0.45$(2017年12月22日現在)
  • 最高値    :0.59$(2017年12月21日)
  • 最安値    :0.003$(2015年5月5日)

取引開始は2014年と仮想通貨がポピュラーになる前から開始されました。2014年の8月までは少しずつ上昇し0.03ドルまで上がりましたが、その後は緩やかに下がり、0.01ドルを上回ることなく底値を続けましたが、2017年3月より少しず上昇を始めました。

BitShares(ビットシェアズ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

BitSharesの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 ,Poloniex,Livecoin,Bitcoin indonesia,Yobit

BitSharesを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. BitSharesを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

BitSharesの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

BitShares(ビットシェアズ)の将来性

ビットシェアズはビジネス向けの分散型プラットフォームで、LMAXエクスチェンジを活用した素早いトランズアクションなどビットシェアズにしかない特徴もあり、今度も引き続き注目の仮想通貨と言えます。

BitShares(ビットシェアズ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

  • 2013年12月8日: DPOSの開始
  • 2013年12月14日: AGSの発足
  • 2013年12月25日: AGS公式声明
  • 2014年2月14日: Bitshares Xホワイトペーパー
  • 2015年6月8日: BitShares 2.0の発表
  • 2017年12月: ビットシェアズの時価総額が10億ドルを上回り、20億ドル達成
  • 2017年12月: 新しいバージョンのビットシェアズリファレンスウォレットリリース(v2.0.171219)
  • 2017年12月: AriseBankと提携

BitShares(ビットシェアズ/BTS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる