中国の12銀行が2017年にブロックチェーン技術を導入

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の公的に上場されている26の銀行のほぼ半数は、2017年にブロックチェーンアプリケーションを導入したと報道されている。

中国銀行業界の最新ニュースCEBNetは、中国内の銀行6行のうち、12行が年1回の申請において、昨年にブロックチェーンアプリケーションがさまざまな現場の事例で採用されたことを金曜日に明らかにした。

12の金融機関には中国銀行、中国建設銀行、中国農業銀行などの主要国有商業銀行、中国商人銀行やその他の都市銀行を含む非公開の商業銀行が含まれている。

採用されているアプリケーションは、ブロックチェーン技術を使用した請求書発行やID認証プロセスでのクロスボーダーローンを組むことにまで及ぶ。

例えば、中国農業銀行の年次報告書によると、国有企業は農業の電子商取引商人に無担保ローンを提供する分散型ネットワークを開発しており、自動ローン発行プロセスを提供しているという。

同様に、中国建設銀行は、財務諸表において、中小企業向けの銀行間および国境間を越えたローン発行を提供するブロックチェーン・ベースのプラットフォームを開始したことを発表した。この銀行はさらに、これまでに16億元、すなわち2億5100万ドル相当の取引を処理してきたと自負している。

その他の例として、中国銀行はブロックチェーンベースのデジタルウォレットのさらなる開発のために支店に配備される分散型ITインフラストラクチャのテストを完了したと発表した。

ブロックチェーンをこぞって採用しようとしている中国国内の銀行の一連の動きは、規制当局が金融セクターに技術を適用する利点、特にローン発行の効率性を改善することになると賞賛している時期にちょうど重なった。

コインデスク(CoinDesk)によって報告された最近の特許出願では、中国の国営銀行がブロックストレージ技術を使用してデータストレージの問題を解決し、証明書の認証プロセスを合理化する方法を模索していることを示している。

12 Chinese Banks Say They Deployed Blockchain in 2017