JPモルガン、ブロックチェーンを利用した銀行間支払の特許を取得

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

JPモルガン・チェースは、金融取引の円滑化と調整のために分散元帳を使用するシステムの特許を取得することを模索していると、新たに公開された文書で明らかになった。

米国特許商標庁が木曜日に発行した特許申請書によると、ピアツーピア・ネットワークを使用して、ある銀行から別の銀行に支払いを記録するために分散元帳を使用するJPMorganシステムの概要を説明した。

銀行によれば、この技術の使用は「取引記録とデータ保存のためのユニークなシステム」を提供するとのことだ。

公的または私的な流通網を横断してそのデータを複製する能力は、もう一つの利点をもたらすとのことだ。

JPモルガンは続けて説明した。

具体的には、分散台帳を使用したネットワーク上の決済の実行方法は以下の項目を含んている。

(1)支払元銀行の支払受取人への支払指示の開始(2)支払銀行がピアツーピアネットワーク上で分配元帳への支払い命令を掲示し、コミットする(3)受取銀行がピアツーピアネットワーク上で分配元帳への支払い命令を掲示し、コミットする(4)支払元銀行が、支払元銀行の内部システムを通じて支払元銀行口座の額を減額

ブロックチェーンは、現時点よりも安価かつ迅速にリアルタイム決済を可能にすることにより、既存のシステムを改善する可能性がある、と銀行は説明している。

クロスボーダーの支払が支払いの組織から支払受益者へ行われるために、いくつかのメッセージが、銀行や取引の処理に関与決済機関との間で送受信される必要がある。

これは、多くの場合、遅い取引につながるかもしれないとしてメッセージング・ネットワーク、決済フローにおける仲介業者の清算などによりサービスが遅れる可能性があると、このアプリケーションでは説明している。

おそらく、JPモルガンが銀行間決済の分野でのブロックチェーン関連業務の特許を求めることは驚くことではないだろう。この銀行は、まさにそのようなサービスのためのプラットフォームを立ち上げたが、それは特許申請を行う数日前にイーサリアム・分派であるクオラム(Quorum)上で構築された。

ブロックチェーンによって、私たちはグローバルな銀行間での重要な情報収集と交換の方法について再考することができた」と、財務サービス向け外国為替・グローバル決済担当のMPMorgan代表者であるエマ・ロフタス氏は述べた。

JPMorgan Seeks Patent for Blockchain-Powered Interbank Payments