カリフォルニア市はブロックチェーントークン採用に向けて間違いなく動きつつある

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

カリフォルニア州バークレー市議会は火曜日の会合で、ブロックチェーンに基づく「マイクロボンド」の発行を承認する方向性について全会一致で可決した。

この構想を先導する副市長および評議員ベン・バートレット(Ben Bartlett)氏は、木曜日に電話でコインデスク(CoinDesk)に語った。「うまくいった。ついにやり遂げた」

しかし、実際の評決はもう少し複雑だった。

バークレー市役所職員によると、評議会は「90日以内にコミュニティ・マイクロボンド・イニシアチブのパイロットプロジェクトを実施するために必要な手順を説明する報告書を市長が作成するよう、2018年の優先プロセスを参照する」ことを決めた。

市議会の他の議員であるスーザン・ヴェングラーフ(Susan Wengraf)氏は、「この動きは、現時点では承認を意味するものではない」と警告した。

しかし、名前を明かさない条件で答えてくれた評議会メンバーによると、この提案は市政府の「ビザンチン迷路」のような複雑なプロセスを経ながらも急速に前進している。

「これは大きな勝利だ」と言って火曜日に9人の理事会メンバーのうち5人が強く支持したことからわかるのは、10年を要するのではなく、プロジェクトが急速に進展する可能性が高いことを意味していると説明した。

バートレット氏は、ブロックチェーンに基づく地方債を議題にするのはにはかなりの反対があり、賛成者は2人しかいなかったと述べた。しかし、分散型元帳でトークン化された低金利債に対する彼の発言は、聞くものを圧倒する深みのあるものであった。

現時点では、金融仲介業者の負担金は、地方債の発行額を大きくし、最低5,000ドル、さらには10万ドルを投資することができるようにするという。バートレット氏は、「誰もそれらを買うことはできない」と述べ、「地域や地域社会のニーズに合わせたものではない」と付け加えた。

彼は、ブロックチェーン技術が、5ドル、10ドル、または25ドルで売られているトークン付き債券を、同時に透明性を高めることができると考えている。

ブロックチェーンは、私たちが本当にそのプロセスを中断させ、コミュニティや人々にとってより手頃な価格の債券を作ることを可能にする

「ハイパーローカル」の使用

バークレーが債券を使って資金を調達できるプロジェクトの中には、ホームレスの避難所、救急車、消防車など、いわゆる「地方の活動」がある。バートレット氏は、世界が我々の動向を注視していると付け加えた。

彼の事務所には「文字通り世界中から電話の問合せがある」。最近のメディアでの投稿記事が示唆しているように、ブロックチェーンベースの地方自治体財政計画はバークレーのものを凌駕している。

しかし、バートレットは計画の技術的詳細についてはほとんど言及していない。彼は、独立したブロックチェーン、ハイパーレッジャー(Hyperledger)、ビットコインイーサリアム、またはブロックチェーンが公開されているか許可されているかどうかについて、債券が発行されるネットワークについて議論することを避けた。

「そのことに関しては話せない」と彼は言った。 「市場から得られる最高の提案が何であるかを見極める」

同市はプロジェクトの契約を求め、「ベンダーはこのプロセスにおいてあらゆるステップを踏み出す」と続けた。

California City’s Blockchain Token Is Definitely Maybe Happening