主要な暗号通貨は莫大な利益を記録、イーサリアムの価格は7%上昇、ビットコインは9,300ドル圏内へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

暗号通貨市場は、市場の評価が4,400億ドルを超え、0.5兆ドルに一歩近づくにつれて、過去24時間にわたって再び大きな利益を記録した。

ビットコイン(Bitcoin)イーサリアム(Ethereum)カルダノ(Cardano)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)などの主要な暗号通貨は、短期的に大きな利益をもたらした。

イーサリアムは市場をリード

イーサリアムブロックチェーンネットワークの暗号通貨であるイーサリアムの価格は、5月3日に7%上昇し、過去12時間に何度か購入が殺到している。

ワンチェイン(WanChain)、ゴーレム(Golem)、およびオントロジー(Ontology)が毎日10%から50%の利益を上げていることから、イーサリアムの強力なパフォーマンスは大きな利益をもたらした。

韓国市場での最大の暗号通貨取引所であるビットハム(Bithumb)の上場により、Golem(GNT)の価格は米ドルに対して50%以上、ビットコインに対しては47%増加し、自社内で3%増を記録した。

世界最大の暗号通貨取引プラットフォームであるバイナンス(Binance)によるゴレムの上場直後に、トレーダーらが噂に飛びついてニュースを拡散した結果、GNTの価格は20%以上下落した。最近のビットハム(Bithumb)上場と同様の傾向が予想され、GNTは短期的に調整を受ける可能性が高い。

ワンチェインやゴーレムのようなトークンはイーサリアムネットワークのERC20トークン標準に基づいているため、イーサリアムの価格動向と勢いはトークン市場の状態を表すことがよくある。

イーサリアムの強力なパフォーマンスは、通常トークンの強力な利益につながり、5月3日にトークンはイーサリアムのトレンドに追随し、ビットコインと米ドルの両方に対して大きな利益を記録した。

過去2週間のトークンと代替暗号通貨であるアルトコイン(altcoin)市場の動向だけに基づいたならば、アルトコインの勢いが戻ってきたと言えるだろう。

トークンは、イーサリアムやリップルなどのビットコインやその他の主要な暗号通貨に対して20〜50%の利益をもたらしており、トークンの大半は依然として強い勢いを示している。

有名なショート・セラー、シトロン社のアナリストのチームであるシトロン・リサーチ(Citron Research)は、イーサリアムの価格がビットコインより先に下落すると予想し、イーサリアムの価格を短期間で収束させると述べている。

しかし、イーサリアムは4月上旬からビットコインやその他の主要な暗号通貨に比較的貧弱なパフォーマンスを示しているため、イーサリアムの価格が主要な暗号通貨とトークンが大きく下落するとは考えにくく、イーサリアムの価格は今後数週間で大幅に下落する可能性は低いと思われる。

シトロン(Citron)社の研究者アンドリュー・レフト(Andrew Left)氏は次のように述べている。

私はむしろイーサリアムの持ち分を少なくしたい。私は両方(ビットコインとイーサリアム)はバブル状態だと思う。もし私がこれらのうちの1つについて間違っているとすれば、答えはビットコインということになるだろう

ビットコインのトレンド

ビットコインの相対強度指数(RSI)とウィリアムズのパーセンテージ範囲(WPR)の両方は、ビットコインが現在中立領域にあり、買われ過ぎでも売られ過ぎでもない状態を示している。

ビットコインの指数移動平均も短期的な傾向が強く、ビットコインは理想的な位置に来ており現在のポジションを9,300ドル付近に確保し、今後の24時間で値が上昇する潜在可能性がある。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。
Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

Major Cryptocurrencies Record Strong Gains, Ethereum Price up 7%, Bitcoin at $9,300