33%アップ:Bitcoinの価格は2018年最高額に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

CoinDeskのBitcoin Price Index (BPI)によると、5月のBitcoinの価格は9,244.32ドルと
4月1日時点の6,926.02ドルより33%上昇した。

これは、今年度最高額のBitcoinの価格であり、今年に入って2度しかない価格上昇のうちのひとつとなった。

BPIのデータによれば、Bitcoinの価格は全体的に1月と3月に低下していて、2月には1.4%しか上昇していなかった。

確かに、Bitcoinの価格ははマイナスの月毎に約3分の1になってきていた。1月1日の13,860ドルから始まり、2月1日には10,166ドルと下降していき、3月にはそれら以上に劇的で、10,309ドルから始まり、7,000ドルを下回った。

先月より価格は上昇しだてはいるが、先月中旬に下落した1万ドルにはまだ回復していない。
つまり、これらの結果は、Bitcoinが1月に17,000ドル以上まで上昇し、2月1日で約半値になったことをという事実を隠している。

同様に、BPIによるとBitcoinは価格が回復してくる前に、一度6000ドル以下にまで下降したといわれている。言い換えると、取引が横ばいになってきている間、年の始めに見られる価格の変わり易さも残っている。

特に、Bitcoinの取引量は月ごとに93%増加し、オフチェイン取引も95%と似た数値が増加された。しかし、CoinDeskの集めたデータによると、手数料も90%と同様に増加したという。
Bitcoinのデリバティブも同様にプラスの月だった。

CBOEとCMEの先物取引量は今月急激に増加しており、CBOEに関しては4月25日の1日の取引が18,000件を超えたと報じた。CMEも同様に11,000件を超える取引があり、1日平均の2倍になった。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Up 33%: Bitcoin’s Price Just Had Its Best Month of 2018 – CoinDesk