ビットコインが$9,000を下回る一方でTRON、Vergeは継続して上昇

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコインの価格は9,000ドルを下回り、一晩で4%の価格下落となった。

ビットコインの奮闘をよそに、TRON(TRX)Verge(XVG)を含むいくつかのトークンは、XVGが10%上昇するなど、この24時間で大幅な上昇を記録している。

ベストパフォーマンス:MANA、XVG、TRON

5月1日のベストパフォーマンスはDecentraland(MANA)、Verge(XVG)、そしてTRON(TRX)だ。

TRONの上昇はTRON networkのmainnetのローンチに対する投資家の関心が高まっていることに起因している。TRON創設者のJustin Sun氏がソーシャルメディア上で明らかにしたところによると、TRON mainnetは5月31日にローンチされる見通しだ。

EOSと同様にTRONはまだmainnetを提供していない。2017年からプロジェクト内では開発が進められており、3月にはtestnetを公開した。今のmainnetがない状況では、両ネットワークはそれぞれ140億ドルおよび60億ドルの規模で、1日あたりの取引量は64億ドル強だ。

現在、投機家らはTRONとEOSのmainnetローンチの直後に起こりる投売りの可能性について懸念している。仮想通貨市場の投資家らは噂やニュース、提携、製品のローンチの影響を受けやすく、提携やローンチが決まるとすぐに仮想通貨を投売りする傾向があるためだ。

MANAはイーサリアムをベースとしたバーチャルリアリティ・プラットフォームであるDecentraland(ディセントラランド)上のトークンで、ビットコインに対し11%、USドルに対しては6%の上昇を記録した。

現在MANAは0.00001810 BTCで取引されており、4月30日以来0.00001550 BTCから20%近く上昇している。

MANAに対する需要は急速に増している。これは、Decentraland上のバーチャルリアリティ製品の開発者らおよびDigital Currency Group(DCG)といった機関投資家らからの関心が高まっているためだ。

先週、DCGのビットコインおよびブロックチェーン投資家であるTravis Scher氏は、Decentralandは最先端のバーチャルリアリティ・プラットフォームに発展し、次世代の大規模メディア・プラットフォームとして飛躍する可能性があると語った。

Scher氏は、バーチャルリアリティおよびブロックチェーン技術開発の最先端としての将来性から、Decentraland上の他の投資家らがこのトークンに関心を寄せていると指摘した。

「まず、我々は人々が将来、多大な時間をバーチャルな世界(Second Lifeのようなウェブベースの仮想世界および最終的には完全なVRベースの仮想世界の両方)に費やすことは必然的だと考えています。

よって、DCL(Decentraland)のようなものが次の大規模ソーシャルプラットフォームとなるかもしれません。」

とScher氏は語った。

ビットコインの動向

市場で最有力の仮想通貨は24時間にわたって値を戻そうと奮闘したが、2%の下落で4月30日を終え、5月1日を通して下降を続けている。テクニカル分析指数とモメンタム・オシレーター指標はビットコインが中立領域にあり、回復に向けて理想的な位置にあることを示している。

ビットコインのRSI(相対力指数)は55で現在のところ過剰買いと過剰売りのどちらの条件も示していない。ビットコインの1日あたりの取引量が回復すれば、ビットコインが9,500ドル域まで戻して10,000ドル域に達する可能性もある。

Bitcoin Price Dips Below $9,000 But Tron and Verge Continue to Record Gains