Googleの共同設立者:暗号化マイニングの影響を強調

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Googleの共同開発者Sergey Brin氏は、Ether(イーサ)や暗号通貨のマイニングを行える高性能なコンピューターへの需要は”コンピューティングブーム”に大いに貢献したと投資家への手紙に綴った。

Brin氏は土曜日、いくつかの要因が計算能力の飛躍的向上に関与していると述べた。これらによりGoogle独自の巨大検索処理装置がここ20年で20万倍のスピードアップを見せているという。

第1の要因は、チップ1平方インチあたりの計算能力が傾向として1年おきに倍増するとされる”ムーアの法則の安定したハム”である。

半導体の集積密度は18~24カ月で倍増し、チップは処理能力が倍になってもさらに小型化が進むという法則。

ムーアの法則(むーあのほうそく)とは – コトバンク

第2の要因は、ゲーマーやグラフィックを必要とするリグの部分的処理の需要の増加だけではなく、”驚くことに、GPUにやさしい作業証明のアルゴリズムが今日を牽引するEthereumのような暗号化通貨より見つかった”ことである。

GPUまたはグラフィック処理ユニットはイーサの”マイニング”に使われ、暗号機能をすばやく処理する作業証明過程を通じて暗号化ブロックチェーンの更新を行っている。(EthereumのマイナーはBitmainによって開発された特別なハードウェアによりGPUを使用できなくなった。)

Brin氏は、手紙の中に、これらどちらか一方の要因が”コンピューティングブーム”の最大貢献をしているとは感じてはいないが、しかし、その要因は機械学習であり、人による操作を必要としない自動車の運転、顔認識、文章の翻訳といった人工知能を開発する為に使用されるデータ集約技術であると彼は綴った。

Googleはブロックチェーン技術(ビットコインやEthereumといった暗号化通貨の基盤となる暗号化構造)の使用を調査はしているが、初期コインの提供についてのマイニングや広告のブラウザの拡張機能を禁止することを除いては暗号化通貨自体に関してはほとんど言及されていない。

Google Co-Founder Highlights Crypto Mining Impact