ビットコイン価格は9,200ドルに修正、EOSは15%下落、市場相場は430億ドルへ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコインの価格は、9,500ドル超に上昇した後、9,200ドルへとわずかに修正された。 暗号通貨市場の評価は4,250億ドルへと増加し、3月初めのレベルである4,500億ドルへ向かう動きとなっている。

EOSは15%下落

暗号通貨市場で5番目に価値のあるブロックチェーンプロトコルであるEOSは、過去48時間の急激な価格上昇を記録した後、15%以上減少した。

暗号通貨ヘッジファンドであるブロックタワー(BlockTower)の共同設立者であるアリ・ポール(Ari Paul)氏は、EOSが今の勢いを維持することができれば、ERC20トークンの価値がイーサリアムを上回る可能性があると述べた。

「価格観測:EOSは現在160億ドル相当のERC20スマート・コントラクトである。過去2週間の動きを繰り返すと、イーサリアムの価値を上回りそのまま上昇することになる。これはあくまで観測であって、予測や投資解説ではない」

とポール氏は述べている。

EOSは22.86ドルをピークに18.53ドルまで下落し、評価額は約170億ドルから152億ドルに減少した。 週次レベルで言うと、EOSは3月23日につけた11ドルから7日間で依然として2倍以上の価値となっている。

アナリストによると、EOSの価格上昇は6月1日に予定されているメインネットの立ち上げによるものだと指摘している。

イーサリアムプロトコルに基づいたスケーラブルで柔軟なブロックチェーンネットワークであるEOSは、ここ数年で分散型アプリケーションネットワークによる予測がなされ、そのメインネットの立ち上げによって、分散型アプリケーションはブロックチェーンネットワーク上に展開することが可能となる。

4月28日には、ウィリアムズのパーセンテージ範囲と相対強度指数(RSI)を含む運動量オシレータが、EOSの超過買い条件を示した。市場が超過買い条件でより多くのEOSを獲得し続けると、トークンは過去24時間で15%の調整が入った。

現在、EOSのRSIは依然としてかなり高いままだが、もはや超過買い条件を示しておらず、市場は安定した。 EOSが、少なくともメインネットの立ち上げのカウントダウンを通して、短期的には過大な買収条件を示さない限り、EOSの価格は上昇する可能性が高い。

ビットコインのトレンド

ビットコインが9,800ドルから10%増を記録した後、9,000超の領域で勢いを維持できるという見方は楽観的と言える。ビットコインが取引量を保持し、今後24時間以内に9,500ドルを超える場合、ビットコインの価格が5月の第1週に10,000ドルを突破する可能性がある。

10,000ドルレベルを突破するとビットコインは以前のレベルになり、潜在的には$12,000ドルという大きなサポートレベルに達することが予想される。

シンプル指数と指数移動平均の両方がビットコインの短期的なプラストレンドを示しており、過去数日間にRSIが58.7ポイントに下がったことを考慮すると、ビットコイン価格は短期間で小幅な値動きを記録する可能性が高い。

金融業界や銀行業界の幹部が暗号通貨ヘッジファンドや投資家に転身し、暗号通貨に対する機関投資家の需要が世界的に増加していることから、暗号通貨市場は2017年11月のように潜在的に0.5兆ドルの評価を確保する理想的な立場にある。

リアルタイムのビットコイン価格表については、ここをクリック。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Price Corrects to $9,200 while EOS Drops 15%, Market Moves Toward $430 Billion