金融機関の20%が仮想通貨市場に参入する可能性がある。

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

今年は、仮想通貨市場がさらに白熱するかもしれない。

トムソン・ロイターによる調査によると、金融機関の約20%が2018年に異なる期間にわたって仮想通貨取引を開始する可能性があることがわかった。

この調査によると、今年に仮想通貨取引を開始すると考えている企業の大半(70%)は、今後3〜6ヶ月の間で参入したいと考えていることがわかった。 一方で、22%は今後6〜12ヶ月の長期的な期間を想定しているようだ。

トムソン・ロイターは金融ソリューションであるEikon、REDI、およびFXプラットフォーム上で400以上の企業を調査した。

イーサリアムがもたらしたつながり

トムソン・ロイターの戦略とイノベーションのディレクターのサム・チャドウィックは、ブロックチェーンを専門とし、スイスチューリッヒのCCNと話をする機会があった。

2015年、チャドウィックはオックスフォード大学で大学院修士号を取得しようとしていた。 論文のトピックを探している間に、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)のイーサリアム(Ethereum)に関する論文がちょうど出てきていた。

彼はそれを読んで、ブロックチェーンが金融サービスに及ぼす影響について書くことに決めた。 運命のように、ヴィタリックはスイスからわずか1キロしか離れていなかったので、チャドウィックは彼にメールを送り、スターバックスコーヒーを飲みに行った。 チャドウィックはこのように述べる。

トムソン・ロイターがブロックチェーンとスマートコントラクトの影響をどのように受けているか、という私の論文について話し合いました。

もし私たちが思っているように(ブロックチェーンとスマートコントラクトが)成功すれば、現在の企業基盤は混乱してしまうでしょう。

しかし、スマートコントラクトには天候、気温、金利、世界の資産価格などのオフ・チェーン・データを得るためのメカニズムが必要でした。 それが私の論文になりました。

チャドウィックは、チューリッヒのトムソン・ロイターのブロックチェーンと仮想通貨の革新を引き続きリードしている。彼が入って1年後、トムソン・ロイターは、JPモルガンとカナダ国営銀行のクォーラム発行債務発行に関するデータを提供する、BlockOne IQを設立している。

仮想通貨取引の増加

トムソン・ロイターのチャドウィックは、最近の正式な調査に先立ち、同社のクライアントにビットコインと他の仮想通貨に関して尋ねると、「ぼんやりとした表情」に会った、と述べた。

しかし、2017年末のビットコイン人気が高まったとき、流れは変わった。例えば、トムソン・ロイターはビットコインを価格推移データだけでなく、デスクトッププラットフォームであるEikonに加えた。

これは1年前のことでした。そして、昨年の終わりに第4クオーターに入って、仮想通貨資産の価格はバナナ(=興奮した、狂った)になりました。 ビットコインは急騰し始めました。

Eikon内でビットコイン用に作成したランディングページ(ユーザーが最初に訪問するWebページ)は、ユーロの後にFXのすべてのランディングページの2位になりました。

彼は、ゴールドマンサックスが仮想通貨関連事業を始めるとの見通しがある一方で、「資産運用会社とヘッジファンドと銀行取引デスクの一部が組み合わされた」という発言を除いて、敏感性を考慮した結果クライアントに何もコメントしなった。

また、金融機関の潜在的な仮想通貨取引の可能性について説明した。

「彼らが投資したり、パートナーシップを組んだり、ホワイトラベル製品(他の企業の製品を自社ブランドとして販売する権利)を作るのかはわかりません。しかし様々なやり方があります、気軽にできる新製品など…」

アルトコインの上昇?

チャドウィックはトムソン・ロイターのクライアントの間で、興味深いことにトップ10の仮想通貨だけではない、仮想通貨に対する欲望を説明し続けました。

私たちの調査の質問の1つは、もしあなたが興味を持っている仮想通貨価格と取引をカバーするならば?というものです。有名な通貨が多く挙げられましたが、いくつか他のアルトコインも取り上げられていたのが興味深かったです。

結果として、人々はビットコインが100%もしくはビットコインが50%、イーサリアムが50%というファンドには提供しない、ということを考えるようになりました。実際には、多くの通貨が新しくできたということを考えると10~20通貨をポートフォリオに保管して、リスクの分散を図ることができます。

調査に協力した金融機関は、ZcashやMoneroのような本人確認を必要としないプライバシーコインにはあまり関心をもたないということを説明した。しかし、彼らはトムソン・ロイターにICO(Initial Coin Offering;資金調達)をカバーするようリクエストしているようだ。

20% of Financial Institutions Could Begin Cryptocurrency Trading in 2018: Survey