韓国のビットコイン価格プレミアムのリターン、暗号通貨市場規模が3,850億ドルに上昇

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ここ7日間で、ビットコインの市場価格が8,000ドルから8,800ドルに増加し、他の主要な暗号通貨も10〜20%の範囲での利益を叩き出したため、暗号化市場は3,240億ドルから3,850億ドルへと増加した。

韓国プレミアムが帰ってきた

先週まで、ビットコイン、イーサリアムリップルを含む暗号通貨の韓国での価格は、米国、日本、香港など他の市場と比べて割安だった。韓国の国内市場における潜在的な暗号通貨やビットハム(Bithumb)やコルビット(Korbit)のような暗号通貨の低利率は、韓国での暗号通貨の価値が一般的に5〜30%の範囲で割高になっていることを考えると、理解しがたいと受け取られた。

韓国では、供給不足のために暗号通貨は他の地域よりも高値になる傾向がある。中国と日本のマイナーには暗号通貨の導入を促してきたが、海外の暗号通貨業者に対しては禁止されていたため、ビットコインやその他の主要な暗号通貨の供給はさらに減少した。その結果、暗号化通貨のプレミアムの上昇度合いは2017年と2018年を通して激しさを増した。

アナリストらは、これらの事象や要因を考慮して、韓国での暗号通貨利率の不自然な低さと、弱気市場の強い指標を発見した。投資家は、もはや低いレートであっても、暗号通貨市場への投資にはもはや関心がなくなった。

2017年12月にFOMOや韓国を襲ったとき、暗号通貨価格の暴落を恐れた投資家は30〜40%のプレミアムで市場に投資する意思があった。その結果、ビットコイン価格が世界的に2万ドルに達したとき、韓国ではビットコインは25,000ドルの価値があった。

韓国の暗号通貨市場におけるプレミアムレートの再出現は、韓国国内市場での暗号通貨の需要の増加を意味する。投資家は、市場の回復力と、主要暗号通貨およびその他の暗号通貨両方の短期的なパフォーマンスに自信を持っていた。

報告時点で、同国最大の暗号化交換であるビットハムにおいてはビットコインが8,975ドルで取引されており、グローバル価格8,870ドルより1,000ドル以上高い。一方、韓国の暗号通貨市場における現行のプレミアムは必ずしも大きいわけではないが、韓国のプレミアムレートが再び現れたという事実だけが、市場に対する投資家の楽観的な態度を示している。

トークンの好調は例外的

ストーム(Storm)、アイオン(Aion)、ジリカ(Zilliqa)、ゼロX(0x)、ワンチェイン(WanChain)、およびアイコン(ICON)を含むイーサリアムベースのERC20トークンは、過去1週間で大きな利益を記録したビットコインに対して非常に優れたパフォーマンスを示している。 4月16日以降、1週間以内にビットコイン価格が10%以上上昇した。

トレーダーは、ビットコインやイーサリアムのような主要暗号通貨以外の資金流入に資金を分散することでリスクを取るやりかたが快適だと感じるようになった。

先週のジリカ、ストーム、ゼロXのようなトークンは、ビットコインに対する強いパフォーマンスが考慮されるならば、米ドルに対する約30%の増加に相当するビットコインに対して20%以上上昇した。

米国証券取引委員会(SEC)がアンドレッセン・ホロヴィッツ(Andressen Horowitz)氏のような大手ベンチャーキャピタル企業の要請を認め、過度の厳格なポリシーを適用した新規仮想通貨公開(ICO)エコシステム全体の閉鎖を控えるならば、トークンの価値はこの回復期間を過ぎても引き続き上昇するだろう。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

South Korea’s Bitcoin Price Premium Returns as Crypto Market Climbs to $385 Billion