インドの裁判所、暗号通貨取引所の請願を認め、中央銀行への銀行令違反に関する令状を発行

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

デジタル資産の取引プラットフォームであるコインリコイル(CoinRecoil)の令状はデリー高等裁判所によって承認され、5月24日の公聴会で発表された。

インド準備銀行(RBI)、国務長官、財務省、GST理事会を通じてインド連合が裁判所からも通知を受けた。 コインリコイルは、カリ・デジタル・エコシステムズ(Kali Digital Ecosystems)の次期プロジェクトであり、同社は4月18日に銀行が暗号通貨企業と業務提携することを禁止するRBIの決定に対して、最初に申立てを提出した。

コインリコイルの声明によると、RBIによる禁止措置はインド憲法第14条および第19条(1)項(g)号に違反している。この原則には、すべての人が法の前に平等の権利を持ち、すべての国民が「生業を営むか、就業、取引、事業を続ける権利」を持っていると記載されている。

法律事務所のカイタン・カンパニー(Khaitan&Co.)の関連会社であるラシュミ・デシュパンデ(Rashmi Deshpande)氏は、

「RBIによる動きは急速に数が増えつつある暗号通貨企業を危険におとしいれ、そうした企業の業務遂行という基本的権利に影響を与える可能性がある。

RBIがなぜ暗号通貨のビジネスに反対する理由についての確たる証拠を示せていないので、通知は恣意的かつ違憲であるように見える。確固とした事実に裏打ちされた論理的でよく練り上げられた主張は憲法上、インドに存在するあらゆる事業を停止させようとする場合には最も重要な要件である」

と述べている。

この申立てで、カリ・デジタル・エコシステムズは、RBIの声明に「恣意的かつ違憲である」と述べ、暗号通貨についてGST理事会が定めた適切な書面上の規則および規制はないと書いた。

RBIは、単に技術革新と呼んで単に曖昧な声明を述べることで「暗号化」を記述することもできなかった。「暗号通貨や暗号資産についてバーチャル・カレンシー(VC)は抽象的で一定しない呼び名だったり単に技術革新などといった呼び名で処理され暗号通貨という呼称が使われることもなかった。

そのため、消費者保護や市場の完全性、マネーロンダリングについての懸念を呼び起こした。カリ・デジタル・エコシステムズはまた、決定が公平でないことで「差別的扱い」を受けていると述べている。

Indian Court Admits Crypto Exchange Petition, Issues Notice to Central Bank Against Banking Ban