コインベースが利用規約違反でウィキリークスアカウントを一時停止処分に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

米国に拠点を置く暗号通貨取引プラットフォームのコインベース(Coinbase)が取引所においてウィキリークスのオンラインショップであるウィキリークス・ショップ(WikiLeaks Shop)と取引することを全面的に阻止した。

結果として、コインベースは「銀行との関係を通じて仲介業務処理の実行が継続不可能となった」と政治関連ウェブサイトのゲイトウェイ・パンディット(Gateway Pundit)に掲載されたウィキリークスに送った書簡には記載されている。

ウィキリークスのツイッター投稿によると、こうした措置は唐突に行われ、コインベースは事前に何の説明も行わなかった。 ウィキリークスは自社のツイッターアカウントのフォロワーに対し、ウェブサイトにビットコインを寄付するよう促した。

このウェブサイトにはライトコイン(Litecoin)ジーキャッシュ(Zcash)モネロ(Monero)イーサリアム(Ethereum)などの他のデジタル通貨が登録されており、「追加の暗号通貨オプションは追って発表される予定」などとというメッセージが表示される。

以下はウィキリークス・ショップのツイッターアカウントのツイートだ。ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)のインターネットへのアクセスがロンドンにあるエクアドルの大使館で一時停止されていることに関連し、ハッシュタグ#ReconnectJulianが追加されていることに注目する必要がある。

こんにちは。

コインベースに興味をお持ちいただきありがとうございます。 私たちの主な目標は、デジタル通貨を安全かつ安全に顧客に提供することです。 Coinableは、FinCEN(FINCEN.gov)に基づく規制を受けたマネーサービス事業であり、この目標の達成の一環として、法令遵守の仕組みを実施することを法的に義務付けられています。

慎重な見直しの結果、お客様のアカウントはGoogleの利用規約に違反して禁止された使用に関与していると考えられ、Googleサービスへのアクセスをお客様に提供できなくなったことをお知らせします。

恐れ入りますが、サイト外での口座残高を外部アドレスに送信するためにコインベースアカウントにログインする際には、表示される画面上の指示に従っていただくようお願いします。

@WikiLeaksShop

告知:コインベースは公式の@WikiLeaksショップを予告や説明なしにプラットフォームからブロックしました。 #Bitcoinは寄付用のウェブサイト(https://WikiLeaks.org/donate)でウィキリークスに寄付を継続することは可能です。 #Coinbase #DefendWL#暗号化#Ethereum #BitcoinCash #ReconnectJulian

ウィキリークスそのような禁止措置を受けてはおらず、一方でコインベースへの「全世界的な封鎖」を求めている。

ウィキリークスは来週、暗号通貨コミュニティにおいて不適切なメンバーとされたコインベースの世界的封鎖を呼びかけるだろう。大規模なカリフォルニアのビットコイン取引業者コインベースは未だ顕在化していない影響に対して、管理者の承認を得て完全に無害な@WikiLeaksShopをブロックした。

ウィキリークスのフォロワーは、論争の的になっている出版サイトを守るためすばやく行動を起こした。中にはコインベースから身を引くと言った者もいる。

ゲートウェイ・パンディットは、ウィキリークス・ショップは、アサンジ氏がウェブへのアクセスを失ったのとほぼ同時期に、3月から暗号通貨の支払をブロックされていると報告している。

伝えられるところによると、ウィキリークスのスタッフはコインベースに連絡を取り説明を求めたが、アカウント閉鎖の決定に関する細部に関しては説明不足だとして不満を表明している。

ゲートウェイ・パンディットに掲載されたウィキリークスのスタッフによると、「ペイパル(PayPal)とマスターカード(MasterCard)がブロックした数年前にも同様のことが起こったため、ウィキリークスにとっては脅威である」とのことだ。

米国財務省の財務犯罪執行ネットワークに登録されているコインベースは、ウィキリークスアカウントが「我が社の利用規約やサービスに違反して不適切な利用を行い、ウィキリークスにこれ以上我が社のサービスにアクセスさせるわけにはいかない」と述べた。ウィキリークスのショップは、口座残高を外部のデジタルウォレットにリダイレクトするように指示を受けた。

2006年にアサンジ氏によって設立されたウィキリークスは、検閲済みのデータを引き続き公開するべくサイトを稼働させ続けるための資金源を寄付に依存している。ウィキリークス・ショップでは、Tシャツ、パーカー、エドワード・スノーデンの「内部告発」ポスターなどのウィキリークス商品を購入することができる。

また、暗号通貨で仮想の猫を育てる「クリプトキティーズ(CryptoKitties)」プロモーションも実行している。ウェブサイトは、彼らがコインペイメント(CoinPayments.net)を介して支払いを受け入れるとしている。

ウィキリークス・ショップのアカウントを閉鎖するというコインベースの決定は、最近コロラド州で開設した取引プラットフォームを使って米国への展開を進めている仮想通貨取引アプリのロビンフッド・クリプト(Robinhood Crypto)でも有効とのことだ。おそらく、コインベースユーザーの一部は、そうしたことに不満を抱きコインベースから脱退することも考えられる。

Coinbase Suspends WikiLeaks Shop for Terms of Service Violation